Ameka Nakamura HP OPEN

2019.11.01 Friday 20:44
0

     

        新しくホームページ openしました

     

     

        作品数が膨大の為、写真は 旧作・新作含め

     

     

        順次アップしていく予定です

           

     

     

        Ameka Nakamura  HPは こちら 

     

                

     

            HPアドレス 

    https://artist-painter-ameka-nakamura.webnode.jp/

      

     

     

     

     

    こちらのブログは2010年から書き始めていおり 670記事を越えました

     

     

     

    現在は ほんの一部の記事のみ公開してます

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

    アースガーデン 秋

    2019.10.31 Thursday 23:24
    0

      JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

       

       

      母と アースガーデンに 行ってきた

       

       

      3年ぶりか?けっこう久しぶりのマーケット

       

       

      昔 織工房で作品を織っていたときは ショップスタッフとして店を手伝ったりしていた

       

       

       

      別の年には 友人と行って ホワイトセージを買ったり

       

       

       

      一人で行ったこともある

       

       

       

      初めて母を連れて案内した

       

       

       

      今回は 母は 手作りの束子のブランドでねじった形の束子と

       

       

      アウトドアメーカーのトート兼リュック

       

       

       

      私は 藍染のブランド トシュカで 5品指靴下とTシャツを買った

       

       

       

      このブランドの 服とバッグは前にも買っていて ヒッピーテイストのデザインが可愛い

       

       

       

      昔の方が もっとお客さんも 店も多く、活気があった気がする

       

       

       

      地元に戻ってから、喫茶店でケーキとお茶をで 話をした

       

       

       

      街では 閉店する店が多い

       

       

       

       

       

       

       

       

      わたしは スマホをもっていない

       

       

       

      今後も持つつもりはなく 持ちたくないと思っている

       

       

       

      起きてスマホ、電車でスマホ、歩きながらスマホ、休み時間にスマホ、

       

       

       

      昼休みにスマホ、夜スマホ、食事中スマホ、寝る前にもスマホ・・・・・・

       

       

      な人を 外でよく目にする

       

       

       

      依存症中毒で ちょっと異様に映る

       

       

       

      思考がスマホに左右されてしまって 本来の自分の時間の流れが邪魔されてしまうツールは

       

       

       

      こわいから 持ちたくないと 思う

       

       

       

      家にPC、インターネットは家でやって ケータイで通話とメールで事足りる、

       

       

       

      SNSもろもろも スマホではないのでやっていない

       

       

       

      ゲームやラインやインスタやフェイスブック、ツイッターも何もやってない

       

       

       

      ブログとHPだけ・・・・

       

       

       

      これでも 充分 情報過多だ

       

       

       

       

      これ以上は 要らない

       

       

       

       

      絵を描く時間がなくなる

       

       

       

       

      あまり 無防備に自分の日常を他人にアピールしたり 発信するのは怖いなと思う

       

       

       

      どこでだれが見ているか解らないのも 別に気にしないんだろうか・・

       

       

       

      情報がないことが 逆に貴重だと思う

       

       

       

      知ってほしくない人にまで 自分を知ってもらうことが 幸せなことではない、わたしには・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      あとは 話は変わって 遺伝子組み換えの食品もろもろ・・・・

       

       

       

      同じく 人間も遺伝子(卵子や精子)を病院で人為的に外に出したり 

       

       

       

      中に入れなおしたり、冷凍したり、売り買いしたり、

       

       

       

      第三者の手で体外で受精させたり 人為的に操作していいる

       

       

       

      わたしには 本来人間がやるべき以外の領域の事柄は できない

       

       

       

      まるで 商品や食品のように 命は生産すべきではないと

       

       

       

      本能的に 宇宙の法則に反している気がするからSOS(危険)だと感じる

       

       

       

      いつか必ず何かリスクが表れてきそうだ

       

       

       

      これって自然ではないよね?って・・・こころが反応する

       

       

       

      わたしはだから そこには ノータッチ

       

       

       

       

       

       

      情報過多は 志向が汚染されてしまうので

       

       

       

      なるべく 音のない静かな場所で自分と向き合いたいと思う

       

       

       

      今の この社会が 私には 生きずらく ストレスなのが本心だ

       

       

       

      ひとは 未来に 思考をやめて ロボット化するんだろうか

       

       

       

      芸術や絵画は コンピューターには つくれない

       

       

       

      本物が なくなりませんように・・・願う・・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      category:my favorites | by:中村 あめか | - | - | -

      フリーソロ 

      2019.10.26 Saturday 23:18
      0

        JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

         

         

         

        10年程前から ミニシアターで 主にドキュメント映画を観るのが好き

         

         

         

        たまに ドキュメント以外も 変わってる映画でピンときたものがあるとみてます

         

         

         

        最近では 火口の二人(世界が終るとしたら 何して生きる?俺なら愛欲に生きるって話) と 

         

         

         

        命短し恋せよ乙女(亡くなった人の幻が絡む現実と幻想が織りなす異色作 きききりん脇役出演)を みた

         

         

         

         

         

         

         

        さて本日は クライマーのドキュメントを フリーソロ を観た

         

         

         

        手に汗握る (本当に汗で手が濡れた!!)ハラハラ ドキドキの映画

         

         

         

        フリーのクライマー、アレックスが ヨセミテの巨岩エルキャピタンに

         

         

         

         

        ロープなしで挑むまでの 葛藤、アプローチ、練習の様子、生活、恋愛、思想などを

         

         

         

        ヨセミテの大自然と共に追っている作品

         

         

         

         

        クライミングをしないけど のめりこんで観れた

         

         

         

         

        ロープがないまま挑むなんて信じられない高さと 恐怖で観ている方も息をのむ

         

         

         

        これは ドキュメント、現実に巨岩に挑んでいる挑戦者を追っている

         

         

         

        CGでも作りものではない、彼の現実の本当の日常なのだ

         

         

         

         

         

        キャンピングカーで クライミングに挑戦しながらの旅のような暮らしぶりをしながらも

         

         

         

        チャーミングな恋人ができて はじめて安定できる家を買ったり

         

         

         

         

        恋愛と挑戦との両立の葛藤もあった

         

         

         

         

         アレックスの澄んだキュートな瞳が素敵で綺麗

         

         

         

         

        クライミングで世界を旅していると まだ電気の供給のない国も多いのを知り

         

         

         

        収入の3分の1を そのような国に寄付しているとのこと

         

         

         

         

         

         

         

         

        ところで 山をやる私は 山グッズ、アウトドアの店に行くと

         

         

         

        有名ブランドの綺麗なカタログを作品の参考に貰っている

         

         

         

        特にパタゴニアは一番好き

         

         

         

        カタログをみても パタゴニアはプラスチックのゴミ削減を謳って 

         

         

         

        リサイクル、リユースで服を作っていて 環境保護に力を入れながらも

         

         

         

        クオリティも高いしハイセンスで 先進的だな と思う

         

         

         

        山の絵を描くインスピレーションをもらうヒントとして

         

         

         

         

        パタゴニアやノースフェイス、コロンビアのカタログは 風景の写真も綺麗

         

         

         

        外国の山や ロングトレイルの様子や クライマーなどの写真が出ていて 面白いし

         

         

         

        アウトドアの素晴らしさや、冒険に出たい気持ちを擽る

         

         

         

        ちょっとした本みたいな作りで クオリティ高し!!

         

         

         

         

        岸壁にロープをつるしてテントを張ってるクライミングしてる写真や

         

         

         

         

        バケツの水でシャンプーしてる人の写真も 出てて

         

         

         

         

        とても新鮮で 憧れます

         

         

         

        ヨセミテには行ってみたいです

         

         

         

         

         

         

         

         

        最近は映画のあと ラーメン屋に入っている(偶然)

         

         

         

         

        今まで敷居の高かった?ラーメンも いい!!です

         

         

         

        今回はハモニカの 昔ながらの醤油ラーメン 餃子を食べた

         

         

         

        餃子はぷっくりと太っていて 皮がもっちり 焼きの油ぎっしゅな感じは弱め

         

         

         

        中の具は野菜の歯ごたえが残っていて美味

         

         

         

        ラーメンは 濃い色の醤油

         

         

         

        ちぢれ麺 メンマ 焼き豚 メンマののったシンプルなもの

         

         

         

         創業は長いらしい

         

         

         

        夕飯は フランスパンを買って帰り とクラムチャウダー、バジルのオイルをデイップした

         

         

         

        美味しかった

         

         

         

        チーズ、松の実、オリーブオイルのバジルペーストはフランスパンに合う

         

         

         

        山にもフランスパンを一本持っていき 南アルプの山旅では 朝や昼にかじりました

         

         

         

        菓子パンを何個も持っていくより フランスパンとチーズのが経済的だし旨いです

         

         

         

        固い皮が日持ちにも良さそうだし 具材もない分 痛みにくい

         

         

         

         

         

         

         

         

        次回は グランブルーという大好きな映画の 主人公のモデルとなった幻の素潜りダイバー、

         

         

         

        イルカと友達になった男 ジャックマイヨールの ドキュメントを観ます

         

         

         

         

        彼のファンなので これはもう絶対観ます

         

         

         

        彼の本も 昔買って もっているのですが 

         

         

         

        東洋の思想やヨガを素潜りの際の精神統一に取り入れたりしています

         

         

         

        きっとまた映画を観たら 新しい感動があることでしょう

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        今日 花やで ワイルドフラワー プロテアを見かけました

         

         

         

        ワイルドフラワーは 大好きなので もっと 日本の花やさんも

         

         

         

        ブーケなどに取り入れてほしい

         

         

         

        日本ではあまり見かけない作りの野性味のある花です

         

         

         

         

        バラやガーベラなど どこにでもある花ではなくて

         

         

         

        綺麗で可愛いだけじゃない

         

         

         

        乾いた美しさと 強さのある造形美のある花

         

         

         

         

        絵描きのジョージア・オキーフに 似合いそうな花です

         

         

         

         

         

        山で見る高山植物は また違った魅力がある

         

         

         

         

         もっと小さくて一つの存在感は 可憐で 儚さがあり 

         

         

         

         

        凛として厳しい自然に芽吹く花は やはり花屋に並ぶ花とは

         

         

         

        全く別の次元の美しさがあります

         

         

         

        ちなみに 尾瀬の代名詞 ミズバショウは 

         

         

         

        「大きくて お化けみたいで怖い!」と言う相方ですが

         

         

         

         確かに でかくて 葉も大きくしなって存在感があり

         

         

         

        小さい儚い花というより 長い冬から目覚めて 「ニョッキリ顔出す命」って感じです

         

         

         

        どの花もそれぞれの美しさや 特徴があります

         

         

         

        自分が どの花のようでありたいか 

         

         

         

        自分の理想像や 憧れを 好きな花に例えてみることはよくあります

         

         

         

         

        わたしが今惹かれる花は プロテアでしょうか

         

         

         

        今日は 黄色に白い斑の入ったウィンターコスモスも見かけました

         

         

         

         

        この花は はじめて見ました  素敵でした

         

         

         

        花は やっぱり好きです

         

         

         

        自分を象徴する花は 紫陽花だと思っています

         

         

         

        色が変わっていくのは 自分の心や感情が動いたり 変わっていく様のようです

         

         

         

        アンティーク調のくすんだ水色やグリーン、紫に

         

         

         

        薄紅色が水彩絵の具のようにホンノリ混ざった色は  本当に美しい

         

         

         

         

         

         

         

        映画と 花 の 日

         

         

         

        舞いmyライフ フリーソロで行こう

         

         

         

         

        いつもこれで旅してます

        旅に出る僕たちのザック 60L&40L

         

         

         

         

         

         

         

        category:映画 | by:中村 あめか | - | - | -

        大好き ミロコマチコ

        2019.10.23 Wednesday 16:48
        0

          JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

           

           

           

          以前 ミロコマチコの 展覧会を観てから 彼女の絵のファンだ

           

           

           

          今 この時代に一番日本で 脂の のった 旬のアーチストだと思う

           

           

           

          文章もユーモアがあって 飾らなくて 面白いし

           

           

           

          絵はダイナミックで 自由で 動きがあって のびのびしていて ユーモアがあって

           

           

           

          そして とても強い

           

           

           

          動物の目は 大きくてクリっとしていて 作家本人の瞳の印象と似ている

           

           

           

          とにかく 作品量も制作のスピードも センスも ずば抜けている!!!

           

           

           

          自分にはないものを兼ね添えた 刺激的なアーチストだ

           

           

           

          現在は わたしの大好きな 暮らしの手帖の 表紙も中の記事も手掛けているし

           

           

           

          なんと 奄美に移住した記事も出たりして 興奮させてくれる

           

           

           

           

          あちこちで 展示やら ライブペイントやら 絵本の出版やらパブリックアートの壁画やら

           

           

           

          装丁やら、グッズのお洒落で可愛いデザインセンスやら、とにかく何をやっても素敵で

           

           

           

          だから仕事の依頼も絶えなくて 凄いなぁと 心底思う

           

           

           

          表現がプリミティブで嘘がないから 好きだ

           

           

           

           奄美に移住した生活を綴ったブログも ユーモア抜群で面白くて最高だ

           

           

           

           

          彼女のように 独自の表現で時代をキャッチしならがら アート界で需要のある作品を

           

           

           

          創り続けられることは 偉大な才能だと思う

           

           

           

           

           

           

           

           

          みかんや柿が オレンジ色に色づいてきた

           

           

           

          金木犀の花が 綺麗な粉になって 家の庭を オレンジに染める

           

           

           

          いい香りだ

           

           

           

          秋は一番すきな季節

           

           

           

          嫌いなのは 春

           

           

           

           

           

           

           

          面白い作品は ユニークな生き方をしている人が生むんだなと

           

           

           

          ミロコさんの表現を みて思う

           

           

           

           

           

           

           

          今日は新米を買った

           

           

           

          昨晩作った肉じゃがは イモをべつに蒸して 後入れしたから

           

           

           

          イモの風味が消えずに 大地の味がして旨い

           

           

           

          この知恵は 暮らしの手帖から得た

           

           

           

           

          肉も 後入れ さっと煮

           

           

           

          翌日の味のしみた肉じゃがは 旨い

           

           

           

          料理は 細かく軽量はしない主義で いつも適当な塩梅である

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          category:my favorites | by:中村 あめか | - | - | -

          Takoyaki Lover

          2019.10.21 Monday 23:35
          0

             

            念願のタコ焼きプレートをゲットして

             

             

             

            大好物のタコ焼きを自宅で食べれるようになった

             

             

             

            丸く焼くのは難しい うまく転がして丸く収める

             

             

            オトコを扱うみたいに・・・・??

             

             

             

            はて 外で買うタコ焼きはなんであんなに あぶらっこくて

             

             

             

            ねっちょりして 味が濃い〜んだろう?

             

             

             

            家でつくると ヘルシーで あっさりしているよ

             

             

             

             

             

             

             

            昨日は 相方の手術後の リハビリ兼台風後の山の偵察を兼ねて

             

             

             

            高尾山から城山へ行き 相模湖に降り 5〜6時間の軽い山歩きをした

             

             

             

            山道は通行止めのコースも多々あり 

             

             

             

            木々や葉で道は荒れていたり 水量が増えていたりしていた

             

             

             

            前回の南アルプスは 手術前の滑り込み登山

             

             

             

            台風で南アルプスは 登山道や林道の崩壊で通行止めになってしまったので

             

             

             

            しばらく山小屋はクローズだし 登山口までも通行止めらしいので

             

             

             

            滑り込みで 山旅してきてよかった・・・・

             

             

             

            相模湖は ミルクコーヒー色の水であふれ ゴミが大量に浮いていて 水面が見えないくらい

             

             

             

            流木や泥、人間の捨てたプラスチックのゴミでダムの一面が覆われていて 汚れていた

             

             

             

            台風の水害が如何に大きなものであったかを知る

             

             

             

             

            相模湖の弁天橋付近は 何となく怖かったし まだ水量も凄く

             

             

             

            木々や泥で 荒れ放題で 崩壊も激しく 元々怖い場所が

             

             

             

            もっと怖く感じた

             

             

             

            山にある潰れた小屋やキャンプ場は なんともいえない

             

             

             

            客の来ない廃墟の小屋、逆さまのnボートが無言で横たわっている

             

             

             

            山小屋やキャンプ場は 経営が難しいし 老朽化した建物を維持していくには

             

             

             

            北アルプス並みの観光客が来ない限り 改築と経営維持は難しいのだ

             

             

             

            駅前の レトロ喫茶 デミタスは お気に入り

             

             

             

            3回目の ご来店

             

             

             

             

            大好物のグラタンが 完売で やむなく オムライスと

             

             

             

            カツカレーと ハイボールで乾杯

             

             

             

            その日は ひゃっくりが 3回 出て困った

             

             

             

            舌を引っ張たら止まるらしく やってみたら止まった

             

             

             

             

            ここ近年 高山でも 夜の冷え込みは さほど厳しくない

             

             

             

            冬の登山も 寒さが 痛いほどではなかった

             

             

             

            温暖化だ

             

             

             

            紅葉も遅い

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            今は 山旅 キャンプの思い出を 油彩に イメージで描いてる

             

             

             

             

            これから描こうとしている地塗りの キャンバスは10枚程度

             

             

             

            アトリエで 出番をまつ・・

             

             

             

            4号から50号まで ランダムに・・・

             

             

             

            描きかけの絵が待機していると 

             

             

             

            やるべき仕事があることに幸福を感じてワクワクすると同時に

             

             

             

            なんだか そわそわ こころが ざわつく

             

             

             

            来年の年明けと秋は 代官山で展示

             

             

             

            年末は 病院へ絵の搬入と 埼玉でのグループ展の2本

             

             

             

            わたしは 絵を描くと 時間の概念がなくなり 何時間でも描けるのだけど

             

             

             

            生活があるから 意図的に中断していることが 本能に反している

             

             

             

            このことが かなしい

             

             

             

            朝から夜まで ずっと描いていたいが 生活が邪魔だ

             

             

             

            食べることも面倒になるので 餌のような簡単な食事だけになる

             

             

             

            もっと 絵を描く時間を 意図的に増やしたい

             

             

             

            でも どんなときも 自分の力で生きて 稼いで食べて 生活する中で

             

             

             

            わたしは 自分の表現をしていきたい 

             

             

             

            自分の力で立って生きる上で 生まれる絵でないと嘘になる

             

             

             

            だからわたしは早くに 家をでた

             

             

             

            わたしの場合はそうしないと 生ぬるい自分が居心地が悪かったんだ

             

             

             

             

             

             

             

             

            油絵は 絵具を重ねること 

             

             

             

            わたし個人は 4層目以降位から やっと・・・・自分の中で馴染んでくるものがある

             

             

             

            それまでは探りだ

             

             

            地塗りして 構図を探りながら 色を重ねて 

             

             

            ああでもない、こうでもないと やってるうちに

             

             

             

            いつのまにか 層は増えている

             

             

             

             

            下の色とマチエールーを 生かしながら 時に殺しながら バランスをみて

             

             

             

            画面の構築 

             

             

             

            おもしろくなってくるまでは 見えない旅先を探しているようだ

             

             

             

            ある程度 絵具が層になってくると 色同士が重なって

             

             

             

            色の奥行と深みで 絵がたのしくなるんだ

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            私は結局のところ 色の調和や対比を 絵の中で追及しながら遊んでいる

             

             

             

            色の調和が キマルとたのしくなる

             

             

             

             

             

            category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

            秋 山旅 

            2019.10.07 Monday 23:19
            0

              JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

               

               

              久しぶりに 山旅へ

               

               

               

               

              今回は 南アルプス

               

               

              前回は甲斐駒ヶ岳に登り 今回は仙丈ケ岳

               

               

               

              北沢峠で テント泊して 登った

               

               

               

              テン場を出発したのが朝6時位 戻ってきたのが午後の3時

               

               

               

              9時間の道のり

               

               

               

              後半1時間が足が痛い

               

               

               

              天気は最高で 紅葉がはじまりかけていて 沢沿いの登りがきつかったけど

               

               

               

               

              馬の背ヒュッテについて 馬の背の稜線歩きで仙丈ケ岳の全貌と

               

               

               

              素晴らしきカール、遠く北アルプス、八ヶ岳、中央アルプスの山、

               

               

               

              甲府や駒ケ根の街も見渡せ 雲海も見え 高山に来た喜びで心躍り

               

               

               

              踏ん張って 山頂へ・・・

               

               

               

              下山は長く 遥か下に テント場が見えた

               

               

               

              木々のにおい

               

               

               

              ほしがらすを 何匹も見つけた

               

               

               

              ガスがなく雷鳥には会えず・・・

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              3000mを越える山は でかい

               

               

               

              全力で登って見たこの景色を

               

               

               

              私は忘れないよ

               

               

               

              またこの山の思い出の断片を 油彩にしよう

               

               

               

               

               

               

              父の数千枚のLPレコード、 アンティーク、デッドストックトイズ

               

               

               

              溢れかえる部屋それを

               

               

               

               

              少しずつ 買い取ってもらったり寄付したりして 大分少なくなってきた様子

               

               

               

               

              部屋に収まりきる量にいいものだけを厳選して残して あとは 今後も整理して減らす日々

               

               

               

              私は ものは 増やしたくない 持ちたくない 

               

               

               

               

              持ち主のいなくなったモノたちを どうしても全てを 抱えきれない

               

               

               

               

              はじめから かたちのないものに 投資するのが私の主義

               

               

               

              旅が最高

               

               

               

              本当は家にも縛られたくない

               

               

               

               

               

               

               

               

              わたしは 山に出会えて良かったな

               

               

               

              山をやらない人生 テントで山で寝ない人生 キャンプをしない人生は

               

               

               

              なんと色あせたものか 都会の中にずっといても なにも心を動かされないし 感動がない

               

               

               

              アウトドアをやらないと 生活に メリハリがつかなくなる 

               

               

               

              山を登らない一生なら 地球の大きさがわからないままだった

               

               

               

              今の街の生活が当たりまえなままの価値観でいたら キャパが狭いまま終わってしまう

               

               

               

              電気がない 水道がない 顔が洗えない 歯も磨けない 石鹸は使えない

               

               

               

              山を汚すもの文明は 山には持ち込めない

               

               

               

              元々化粧をすることも 化粧している人も嫌いだから 関係ないけど

               

               

               

              野生の中でも 美しくいる

               

               

               

              着飾らなくても メイクで作って塗らなくても 元がよければ何もする必要がないよね



              呼吸しやすくするには 覆うことをやめないとね

               

               

              さあ 元の原石を 磨こうよ

               

               

               

              電子マネー?そんなの山にはない

               

               

               

              現金があっても 手に入らないものがあるんだ

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              わたしは 最高の遊びとライフワークを手に入れた

               

               

               

              野山で遊んで それを 絵に描くこと 

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              要らぬものには 触れない

               

               

               

              音沙汰がないことは NOです という無言のメッセージ

               

               

               

              なにもないことは もう気持ちがそこにはないこと

               

               

               

              だから そのこと(ひと)を 追うことは しない

               

               

               

              さみしいだけだから・・・・・

               

               

               

              変わっていくことを 受け入れる

               

               

               

              追わない

               

               

               

              必要のないこと(ひと)は もう 要らない

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              category: | by:中村 あめか | - | - | -

              手放す

              2019.08.22 Thursday 21:47
              0

                JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

                 

                 

                 

                最近 不要なものを 寄付したり 整理したり

                 

                 

                部屋の模様替えをしたり 浄化中

                 

                 

                服部みれいさんの本もシンクロして読んだりして

                 

                 

                共感できる世界がいっぱいだったり 実践していることや

                 

                 

                興味のある新しい世界もいっぱい

                 

                 

                それは 西荻の大好きな本やさん ほびっと村の世界を 

                 

                 

                ぎゅっと詰め込んだような世界

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                今年は 不要なものを見極めて手放す年

                 

                 

                だから こんなに 部屋を変えたり ものを処分したりしたいんだね

                 

                 

                新しい自分になるステップを踏んでいるよ

                 

                 

                 

                昔惹かれたモノも人も 今はもう わたしを とおりぬけて去った

                 

                 

                手放すこと・・・・ 

                 

                 

                手にいっぱいもった いろんな色やかたちの風船を 空に放してる そんな感じの日々・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

                原田 治展・・・そして ミナペルホネン

                2019.08.10 Saturday 08:16
                0

                   

                   

                   

                   

                   

                   10代の頃 好きで集めていたOSAMU GOODS

                   

                   

                   可愛いを集めた 原田 治展に行ってきました

                   

                   

                   懐かしいもの 持っているものも 沢山あって

                   

                   

                  イラスト以外に 発表を目的としていない抽象絵画や

                   

                   

                  立体の作品もあり 私にはとても興味深かった

                   

                   

                  作風の全く違うイラストも展示してあり 意外な一面と多彩な才能を感じました

                   

                   

                   

                   

                   

                  母と鑑賞した後 代官山まで足を伸ばし ミナペルホネンの3店舗に行ってきました

                   

                   

                  マテリアリで ブローチと はぎれのセットを求めました

                   

                   

                  店内は 何度も個展を観に行っている OKI JYUNKOさんの 

                   

                   

                  白い球体の刺繍の作品 「初恋」 も飾ってありました

                   

                   

                  作品を愛でて買い求め それを自分の店に展示しているのは 素敵だと思いました

                   

                   

                  静かで 凛としたセンスが店内を漂い 美しい布が置かれ

                   

                   

                  花の生け方やインテリアもとても素敵でした

                   

                   

                  美しいものを観ると 魂が喜ぶ!ね

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

                  柚木沙弥朗展・・・安野光雅展

                  2019.08.03 Saturday 08:31
                  0

                    JUGEMテーマ:展覧会

                     

                     

                    葉山と平塚と 美術館を梯子して一泊してきました

                     

                     

                    柚木さんの展示を観る為です

                     

                     

                    昔 鎌倉での展示に行っています

                     

                     

                    染めや 絵本の原画 立体 版画 鳥獣戯画

                     

                     

                    ジャンルにとらわれないアーチスト

                     

                     

                    型染めの布は 模様も色も プリミティブでとても好きです

                     

                     

                    柚木さんもとてもチャーミングなお人柄 

                     

                     

                    ミュージアムライブラリーで観た本が良かったので 求めるつもりです

                     

                     

                    絵本の登場人物を 立体にして 原画と一緒に展示という発想も

                     

                     

                    素晴らしくて ユニークでした

                     

                     

                     

                     

                     

                    子供の頃親しんだ安野光雅さんの絵本原画は 緻密で観ていて愉しめました

                     

                     

                    絵の中に 入って旅することができる そんな風景の中を彷徨い冒険・・・

                     

                     

                    本当に 絵の中を探検して 歩くことができるのです

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    category:美術館 | by:中村 あめか | - | - | -

                    ボローニャ 国際絵本原画展 & 棟方志功展

                    2019.07.07 Sunday 18:33
                    0

                      JUGEMテーマ:展覧会

                       

                       

                      先日 イタリアボローニャ国際絵本原画展に行ってきました

                       

                       

                       

                      板橋美術館が リニューアルされて とても綺麗になっていましたが

                       

                       

                      元の温かみのある素朴な空気がなくなってしまい 無機質に感じました

                       

                       

                      全てを取り壊すと 失われてほしくなかったものまで あとかたもなくなくなってしまう

                       

                       

                       

                      ボローニャ展は ここ近年 毎年行っています

                       

                       

                       

                      様々なイラストレーターの 物語のある絵を観るのは たのしいです

                       

                       

                       

                      時代の傾向や 選考委員の好みに反映された選ばれた作品で

                       

                       

                       

                      いつも いいなと思う好きな作品とも出会えますが 好みでない作品もあって

                       

                       

                       

                      今の時代に反映された手法で 制作された作品も多く目立ちます

                       

                       

                       

                      私は 油彩を描いているので パソコンでデジタル処理された作品は

                       

                       

                       

                      作家の手が生み出したものとは ちょっと違う気がしています

                       

                       

                       

                      筆跡や呼吸やリズムは やはり肉筆のオリジナル作品にしか存在しない絵の源、命ではないでしょうか・・・・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      先月は 母を誘って 棟方志功展も行ってきました

                       

                       

                       

                      人物の版画に裏から彩色した作品が有名ですが

                       

                       

                       

                      八甲田山をみた感動をインスピレーションにした数メートルの大作で 

                       

                       

                      海山の柵と題した版画があり

                       

                       

                       

                      黒と白だけの濃淡で 深みのある奥行きが表現されていて

                       

                       

                       

                      ダイナミックで自由で素晴らしかったです

                       

                       

                       

                      まるで 抽象画のようでもあって 自分にはない白黒のしかも版画でこの規模の作品を創った彼に

                       

                       

                       

                      アーチストとして とても刺激をもらえました

                       

                       

                       

                      この夏は 他にも観たい展覧会がいくつもあり楽しみです

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      category:- | by:中村 あめか | - | - | -

                      畦地梅太郎 わたしの山男

                      2019.07.07 Sunday 18:01
                      0

                        JUGEMテーマ:展覧会

                         

                         

                        今日は 七夕 

                         

                         

                        明日は 誕生日なので 相方と バースデーの記念に 

                         

                         

                         

                        二人の趣味である山をテーマにした大好きな木版画家 

                         

                         

                         

                        畦地梅太郎の わたしの山男展を観にいきました

                         

                         

                         

                        町田市版画美術館は 子どもの頃から何度も両親と通っている美術館です

                         

                         

                         

                        畦地さんの版画は 昔から大好きで 山をやる前からのファン

                         

                         

                         

                        画集も2冊持っていて あとりえ・うにも 両親と一緒に訪問しています

                         

                         

                         

                        ユーモアと 素朴な温かみを感じる山男シリーズも好きですが

                         

                         

                         

                        山を自分でも登るようになって 山や風景の作品も親近感を感じるようになりました

                         

                         

                         

                        自分も登頂した山が題材になっている作品だと 尚更 「ここ、わたしも行ったよ!」と

                         

                         

                         

                        こころの中で畦地さんと会話でき ウキウキします

                         

                         

                         

                        涸沢の版画は 去年行った場所なので 嬉しくなります

                         

                         

                         

                        ここから 奥穂高に登った思い出の涸沢

                         

                         

                         

                        ここで沢山の山男シリーズの版画を堪能しました

                         

                         

                         

                        山と家族を愛した温かい人柄が 作品から伝わってきます

                         

                         

                         

                        どっしりとした大きな愛です

                         

                         

                         

                        畦地さんの山旅の記録や 写真の資料がなかったので 見たかったです

                         

                         

                         

                        愛用の山道具も見たかったです

                         

                         

                         

                        これも わたしたち二人が 山をやっているが故に感じた感想です

                         

                         

                         

                         

                        帰りはモンベルで 山ズボン(トレッキングパンツ)を プレゼントに買ってもらいました

                         

                         

                         

                        今年はこれをはいて 二人で 槍ヶ岳に山旅に行きます

                         

                         

                         

                        梅雨空が続いて ひんやりした日

                         

                         

                         

                        霧雨のような細かい雨

                         

                         

                         

                        すべてのものを しっとり 濡らしてゆきます

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

                        工藤さんの多面体の宇宙

                        2019.06.30 Sunday 19:58
                        0

                           

                           

                          春にですが 工藤さんの 多面体 観てきました

                           

                           

                          素敵でした!

                           

                           

                           

                           

                           

                          会場は 国立市の昭和のアパート

                           

                           

                          お洒落な ユニコーンベーカリーの建物です

                           

                           

                          昔わたしもこんなアパートで暮らしてた時期がありました

                           

                           

                          今でも古い家が大好きです

                           

                           

                          多面体は集合されて 飾ってあると圧巻で 「宇宙」を感じました

                           

                           

                          よく行く高円寺 稲生座にも 工藤さんの多面体があります

                           

                           

                          はらっぱまつりでも 作品をみることがあり

                           

                           

                          数年前も 友人に誘われ 展示を観に行きました

                           

                           

                          ずっと 印象に残っている作家さんです

                           

                           

                          工藤さんの ご冥福を お祈りいたします

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                          category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

                          月からの手紙 

                          2019.06.30 Sunday 18:33
                          0

                            JUGEMテーマ:絵画

                             

                             

                             

                             現在 Amekaの油彩  月からのてがみ が 日野市立病院に 秋まで展示されています

                             

                             

                             

                             展示場所は 2階の歯科の通路です

                             

                             

                             

                             患者さんの 心に寄り添える作品を今後とも描いていきたいと思っています

                             

                             

                             

                             

                                                 月からのてがみ 2018 油彩・キャンバス 

                             

                             

                             

                                 

                            あなたの こころに 色紡ぎ・・・・

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                            category:個展・展示 | by:中村 あめか | - | - | -

                            水 ア・ラ・カルト

                            2019.06.30 Sunday 18:20
                            0

                              JUGEMテーマ:展覧会

                              JUGEMテーマ:グループ展

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              きょうは すくいの ひ・・・・?

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              友人に誘われて 水 ア・ラ・カルトと題して 

                               

                               

                               

                              水をテーマにした18人のグループ展に参加します

                               

                               

                               

                              7月3日〜14日まで @ 画廊喫茶メイプルにて・・・・

                               

                               

                               

                              Amekaは 新作の油彩を 1点 展示します

                               

                               

                               

                              木の箱額に入れての 納品です

                               

                               

                              つがいのさかな 

                               

                               

                              きみには なみだが みえるかな

                               

                               

                               

                                 Surf Green        F8   2019・June   油彩・キャンバス

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              サーフグリーンという色を意識したみずの世界

                               

                               

                               

                              この波の色を知っていますか

                               

                               

                               

                              少しグリーンがかかっていて 神秘的なのです

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              さて 現在 来年の個展に向けて 油彩で山の絵を こつこつと描いています

                               

                               

                               

                               

                              山旅の思い出や 自然の中でのキャンプの思い出の残像を追いかけています

                               

                               

                               

                              油絵の具のにおいでいっぱいのアトリエ 

                               

                               

                               

                              色を重ねながら カタチをさぐっています

                               

                               

                               

                              わたしの ネイチャーワールドを 新たに構築する喜び

                               

                               

                               

                              来年 作品を観た皆様の心に 山と色彩の喜びが

                               

                               

                               

                              波紋となって広がっていくことを願って・・・・

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                               

                              category:個展・展示 | by:中村 あめか | - | - | -

                              赤城山縦走

                              2019.06.29 Saturday 20:54
                              0

                                JUGEMテーマ:アウトドア!

                                 

                                 

                                 赤城山を旅した

                                 

                                 

                                 

                                 山と沼にココロが踊った

                                 

                                 

                                 

                                 湖畔にテントを張って 山と水を眺めて過ごした日々

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                プチ尾瀬みたいなところ・・・・

                                 

                                 

                                沼を巡る山旅のハイライト

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                海じゃなくても 波は たつんだ!

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                ミニマムにまとまった赤城山地帯

                                 

                                 

                                 

                                低山でも バリエーション豊かな山歩き 沼散策が楽しめて

                                 

                                 

                                 

                                観光地の華やかさは低い故 静かな旅ができ  味わいがあって良い

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 美しいつつじが咲く完璧な絵葉書のような風景が広がる

                                 

                                 

                                 赤城神社の近くには 鯉がいた

                                 

                                 

                                遠くで学生が ボートの練習

                                 

                                 

                                テントで酒を飲んで昼寝中 学生の声が こだまする・・・

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 水は 透明 

                                 

                                 

                                 風でさざ波が寄せては返す

                                 

                                 

                                 木の影がエメラルドの水に浮かぶ

                                 

                                 

                                 

                                 

                                山の朝といえば 霧

                                 

                                 

                                 

                                あっという間に 霧は消えてしまう

                                 

                                 

                                昨年の尾瀬では 霧は 生き物のように 動いて 幻想的だった

                                 

                                 

                                 

                                アルプスの高山だともっと 厳しい自然なので 

                                 

                                 

                                 

                                霧がもっと大きくて  ドラマチックに動物みたいに 変幻自在に動いていく

                                 

                                 

                                 

                                そこが最高に 高揚した気持ちのスイッチをオンにする

                                 

                                 

                                 

                                山はビールも旨いよ

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                      60L&40L  山旅大型リュック テント、タープをもって・・・

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                          山旅の思い出を 描いてます

                                 

                                 

                                 

                                    湖畔に映る山の影 風 鳥のさえずり 霧 全てが美しい山の時間

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 

                                category: | by:中村 あめか | - | - | -

                                PR
                                Calender
                                     12
                                3456789
                                10111213141516
                                17181920212223
                                24252627282930
                                << November 2019 >>
                                Selected entry
                                Category
                                Archives
                                Link
                                Profile
                                Search
                                Others
                                Mobile
                                qrcode
                                Powered
                                無料ブログ作成サービス JUGEM