花降る日

2020.09.22 Tuesday 22:04
0

     

     

     

    あと もう数枚 新しい絵を 描いていました

     

     

    もう 完成に近づいています

     

     

    この絵を いい絵にしたいんだという想い 

     

     

    念のような 自分を信じる力が 絵をつくっていく

     

     

    あきらめず 今の積み重ねを 次に生かす仕事が絵を 作っていく

     

     

     

    わたしの絵は 量産型ではない

     

     

     

    納得いくマチエールと 色彩の調和が出るまで 妥協した仕事はできない

     

     

     

    ある程度鍵が見えるまでは ひたすら 試行錯誤が続く

     

     

     

    鍵がつかめないと 気持ちが入らないけど きっかけが掴めると

     

     

     

    その先の仕事が見えてくる

     

     

     

    そうなると 面白くなる

     

     

     

    画面全体を 「完璧」で覆わない

     

     

     

    不完全さを バランスで残すことが作家のセンス

     

     

     

    それは 潜在意識までさかのぼる 

     

     

     

    絵は  意識した仕事と 無意識の自我のバランスでできていて

     

     

     

    どちらを比重に置くかで 作風のニュアンスや 仕上がりが違ってくる

     

     

     

    その恐さと 面白さを 自在に操る境地にまでいきたい

     

     

     

     

     言葉でない詩が宿る絵は 

     

     

     

    作家の無意識の人間性や人生が盛り込まれる部分だと 私は個人的に思う

     

     

     

     

    詩とは 頭で理解するものでなく まるごと感覚や人生に直結する

     

     

     

    わたしは 一目見た人の心を捉える絵が描きたい

     

     

     

    妥協しない画面作りは こつとつ 職人のように 時代や流行を追わずに

     

     

     

    自分の理想を 地道に追うのみ

     

     

    そこに 人の評価が一切介在しないところに 本当の絵描きの意味がある気がする

     

     

     

    どれも 手放したくない

     

     

     

    今はそんな心境

     

     

     

    でも 誰かの心の灯火に 自分の絵がなれたら 幸せになれる

     

     

     

    描きためた絵を眺め なぜ このような作品が 自分から生まれたか 不思議になる

     

     

     

    私は なぜ 絵を描けるのだろう?

     

     

     

    なぜ 絵を描く人生が一番尊いと 思っているのだろうか?

     

     

     

    わたしは 哀しくて 美しく 強い、エモーショナルな 表現をしたい

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

    花の化石

    2020.08.27 Thursday 21:41
    0

       

       

       

       

       

      生きることは 哀しい

       

       

       

      愛を もって 生きていますか

       

       

       

       

      今は永遠ではない

       

       

       

       

      永遠はない

       

       

       

       

      いつかは 花の化石となる

       

       

       

      大輪の花 死ぬ前に咲かせたい

       

       

       

       

      今は 岩場の小さな高山植物のわたし

       

       

       

       

      誰にも知られることなく みられることもなく

       

       

       

      名前もしらない遠くのお花 小さなお花

       

       

       

      でも  頑張ってこうして息しているよ

       

       

       

      愛のパンセ

       

       

       

       

      山のパンセ

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

      ジンジャーエール

      2020.07.29 Wednesday 21:27
      0

         

        最近は 切干大根の煮物、 自家製ジンジャーエール、

         

         

        玉ねぎの酢漬けを 作っています

         

         

        ジンジャーエールは もう2回ほど作っていて

         

         

         

        たっぷり200グラム以上生姜を煮出して 余ったものは

         

         

         

        料理に活用にしている

         

         

        ジンジャーは 本当に大好き

         

         

        レモンもたっぷり絞って 無糖の炭酸水で割って 酒がなくても

         

         

         

        自家製ジンジャーエールさえ あれば 生きていけそうな旨さMAX!!!

         

         

         

        3度目は 更に砂糖を 減らして 唐辛子を増やして作ろう

         

         

         

         

         

         

         

        赤毛のアンの3巻目を読んでいる

         

         

        アンにはまっている

         

         

         

        全巻読む予定

         

         

         

         

         

         

         

        来週は また山旅

         

         

         

        北アルプス 槍に行きます

         

         

         

        秋は涸沢と北穂高の紅葉へ

         

         

         

         

         

         

         

         

        そして 個展 絵も たまってきた

         

         

         

        20枚位ね

         

         

         

        数年前には 考えられなかった動物の絵も 描くようになった

         

         

         

        山やキャンプ、焚火、鳥、鳥の巣、動物を 描いていてる

         

         

         

        鳥の巣や、鳥、卵、羽、古代・・・・

         

         

         

        そそられるテーマは鳥、古代の夢、山の神、植物の力、太陽、月

         

         

        色を沢山重ねた 色紡ぎの油彩

         

         

         

        完全抽象に ずっとこだわっていたけど それを脱皮したら

         

         

        気が楽になったようだ

         

         

         

        肩の荷がおりたようだ 

         

         

         

        こだわりを脱ぎ捨てて 描きたい好きな世界 理想とする画面を構築する

         

         

         

        写真や実物はみながら 描いてないので

         

         

         

         

        完全なるイメージと 体感した山旅の残像や、創造、空想の世界

         

         

         

        そう、アンのようにわたしも 空想が大好きなんだ

         

         

         

        空想や創造で 創造することが好きでないと 絵は描けない

         

         

         

        わたしは 見えないものを絵にしている

         

         

         

        現実の世界をそのまま映しとるスケッチやデッサンが昔から 大嫌いだった

         

         

         

        今も全く 興味はない 色も使えないし 

         

         

         

        デッサンとかって絵を描く行為という気があまりしないので

         

         

         

        テンションすら上がらず わくわくしない

         

         

         

        わたしは わくわくする画材と技法で 絵を描く

         

         

         

        それが 油彩  色を操る、色の魔法を生涯をかけて追う

         

         

         

        色の謎、どうしたらその色が映えるのか

         

         

         

        対比だ

         

         

         

        今は昔なら使わなかった金や黒も使っている

         

         

         

        重ねて映える色、合わせて映える色

         

         

         

        色の相性や波長、ハーモニーを 研究して実践して

         

         

        色に迫る私がいる

         

         

        ひとたび 油彩で色と格闘すると 一気に世界はバラ色に輝き始める

         

         

         

        そう アンンの世界みたいに・・・

         

         

         

         

         

         

         

         

        あと 少しで個展がはじまります

         

         

         

        自分はいつまでも 若く ずっと生きていられる・・・

         

         

         

        というような若い頃の漠然とした幻想は もうもてない歳になり

         

         

         

        つまりは 折り返し地点に近づいてきたのです

         

         

         

         

        ですから いつ なにがあっても おかしくない

         

         

         

         

        それを前提に 人と付き合い 絵を描いていこうと思っています

         

         

         

        人間関係も 水やりを怠ると 涸れてしまう

         

         

         

        って みんな 知ってるよね・・・・・

         

         

         

        愛や 友情だって 花と同じなんだ

         

         

         

        水やりを怠ると 枯れて消えるんだ

         

         

         

        だから わたしは 手紙を書いているんだ 

         


         

         

         

         

         

         

        ミナペルホネンのコートが欲しい

         

         

         

        1万円の服を10回買うより

         

         

         

        10万の服を 10年以上着ることに価値を置いて

         

         

         

        10万を使う勇気が 

         

         

         

        まだ足りないけど 

         

         

         

        欲しいミナの服

         

         

         

         

        愛も 人生も  ジンジャーエール

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

        音旅 Oto Tabi

        2020.05.10 Sunday 12:54
        0

           

           

           

          昔のフィルムの整理をした

           

           

           

          祖父の遺品 アサヒペンタックスの一眼レフカメラを 

           

           

           

          父から譲り受けて すぐカメラに はまった

           

           

           

          1999年あたりから2010年あたりまで やっていて

           

           

           

          フィルム数は 170本以上あった

           

           

           

           

          2010年に 昔の相方が他界して それと同時に

           

           

           

          カメラを辞めてしまったようだ

           

           

           

           一眼からデジカメに変えて10年位

           

           

           

          一眼のような写真が思うように撮れないまま もやもやの年月が過ぎ

           

           

           

          ついに デジタル一眼レフをゲットした

           

           

           

          また写真を昔のように撮りたくて・・・

           

           

           

          一眼レフ機能そのままで その場で撮った画像が見えるのが嬉しい

           

           

           

          オートではなく マニュアルでピント合わせして好きなように撮っています

           

           

           

          今迄のコンパクトなデジカメは メモ程度の写真しか撮れず

           

           

           

          色合いが現物と違いすぎて・・・我慢の限界は月日を得てスパークした

           

           

           

          絵の作品の写真を撮ると それが顕著に現れ もう買い時と判断

           

           

           

          昔のフィルムは デジタル化するつもりで 業者に依頼した

           

           

           

          湿気などで20年前のフィルムも劣化が気になった

           

           

           

          デジタル化したら PCでも 閲覧できるし 整理しやすい

           

           

           

          写真集も自分で作りたい

           

           

           

           

           

                                                                 父のビンテージtoys    コレクションの一部

           

           

          今年は母の日に 月うさぎの柄の布でバッグを作り

           

           

           

          オリジナルタグを付け

           

           

           

          化粧箱に美しい和紙を張って その中に入れて

           

           

           

          ついでにカードも和紙で手作りして郵送した

           

           

           

          最近 和紙に顔彩で小品を描いていて それが凄く面白く 目から鱗!!!!

           

           

           

          和紙マジックにドハマり

           

           

           

          和紙の種類によって 絵具の滲みかたが全く違うので面白い

           

           

           

          西洋の紙と違い 絵具が一瞬で紙に染み込んで 染まっていく・・・

           

           

           

          吸い込まれしまい もう色は動かない

           

           

           

          今迄も和紙に描いたことはあったけれど

           

           

           

          昔と感覚が違う 

           

           

           

          色が流れて動かない

           

           

           

          音楽でいうならば ライブのようなその時一瞬の表現を留める感覚

           

           

           

          水で濃淡を作って 一発勝負 水で色を操り

           

           

           

          紙の上で 色は滑らず 踊らない

           

           

           

          直ぐに染みこんでしまう その揺らぎと危うさ・・・

           

           

           

          油彩のような 積み重ねる奥行の世界は一切ない新鮮さ

           

           

           

          こころが フレッシュになり 

           

           

           

          ただただ 和紙に染まる色が美しすぎて感嘆し

           

           

           

          夢中になり 絵ハガキが沢山できる

           

           

           

          並行して 油彩も積み重ねなければ・・・

           

           

           

          水で色を操るか オイルで色を操るか

           

           

           

          それぞれの良さ 短所が長所でもあって・・・

           

           

           

                                                                            

           

           

           

           

           

          人生の半分くらいの月日を生きた と 意識するのも

           

           

           

          昔のフィルムを 眺めて 過去に戻ったからだろう・・・

           

           

           

          わたしの中を通りすぎていった人たちを・・・思い出す

           

           

           

          どう生きても 150歳まで生きることは無理そうだ

           

           

           

          今は 88歳の半分の折り返し地点

           

           

           

          20年前 私は 23歳だった

           

           

           

          10年経って 34歳になって

           

           

           

          今はもう43歳 

           

           

           

          15年もすれば 60手前

           

           

           

          人生走馬灯の如し・・・・

           

           

           

          フイルムの整理をしていて 色々 昔を思い出した

           

           

           

          私は 変わり続けてきた

           

           

          変わってきたけど 変わらない自分が 中心にあって

           

           

           

          いつも わたしには ある寂しさが つきまとう・・・

           

           

           

          逢うこともなくなってしまった友人が 沢山いる

           

           

           

          これも自然の流れでたどり着いた

           

           

           

          今どこでなにをしているのか

           

           

           

          わたしを 思い出すことはあるのだろうか

           

           

           

          ふと 思い出す人に  いつも手紙を書くようにしてきた

           

           

           

           もう帰ってこないものも  それが 自然なんだ

           

           

           

          わたしの中のリフレイン

           

           

           

          完全に過去の忘却の彼方にいってしまった人たち

           

           

           

          どうしているのかな

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          私の 歴史をもう一度 塗り替えてみたい

           

           

           

          全く違った色にして その中を泳いでみたい

           

           

          久しぶりに引っ越しも考えたい

           

           

           

           

                     音旅    キャンバス・油彩 50×50センチ    2020年5月 Ameka  Nakamura

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ルミナスピンクを生かす絵が描きたくて ピンクにとりつかれていた時期

           

           

           

          絵によって 色が変わっていくよ

           

           

           

           

          5月下旬から 高円寺 Clouds Art Coffeeでのコンペに参加し 新作を展示します

           

           

           

          よろしku

           

           

           

           

           

           

           

           

          category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

          すてきなあなたに

          2020.03.31 Tuesday 21:10
          0

             

             

             

             

            何年も前に買った古本の 「素敵なあなたに」を 今になって

             

             

            少しづつ 読んでいる(暮らしの手帖出版)

             

             

             

            昔の暮らしの手帖に載っていた短い文が

             

             

            月ごとに まとめられていて

             

             

            時代を感じる文体が 今の時代に忘れられてしまいつつある

             

             

            真心とか 丁寧な暮らしとか こころの誠実さとかの大切さを

             

             

            やさしく さらりと 伝えてくれて 一文が短くて 読みやすい

             

             

            読んでいて 癒されている 

             

             

             

            ほっとする こころあたたまるエピソードの数々

             

             

             

            まだ公衆電話に10円を入れて電話を皆がしていた時代の本

             

             

            いつも30円をもっていれば 慌てないですむって書いてあった

             

             

            (携帯の普及してない時代の話なので)

             

             

            わたしに子供の頃は 駅に伝言板の黒板があって

             

             

            待ち合わせの人の名前 メッセージが書かれていて

             

             

            人々は携帯がない時代はそうやっていた

             

             

            自動改札ではなくて 車掌さんが改札で切符を切ってくれて

             

             

            今よりキセルをする人も沢山いた時代だ

             

             

            わたしは スマホは持たない主義だし 手紙もよく書くので

             

             

            昔の伝達手段の方が心理的には しっくりくる

             

             

            それは余談として「素敵なあなたに」を

             

             

             

            読んでいて感じたことは 文体の品の良さ

             

             

            暮らしの中で感じたエッセンスで

             

             

            何か感じるものを投げかけてもらっている

             

             

            わたしも 素敵なあなたの一員になろう

             

             

             

             

             

             

            ギャラリーや美術館など 休業で わたしの個展もどうなるのかなと思う雲行き・・

             

             

            例え延期されようが 中止になろうが

             

             

            わたしは わたしの仕事をする

             

             

            誰も観てくれなくても

             

             

            わたしは まず 自分の魂を救う為に 描くことを選んで生きているのだから

             

             

            どんなときも描いていたい

             

             

            描ける時間を確保する意思

             

             

            大事に守りたいもの 

             

             

            表現する自由と 心の旅

             

             

            わたしとの対話 

             

             

            創造の喜び

             

             

             

             

             

             

             

            マスクを作って母に贈った

             

             

            そして相方にも贈り 自分のも創って

             

             

            また そのうち作ろう

             

             

            絵を描く時間を削ったので 少し悔しい

             

             

            ミシンと絵を描く行為は

             

             

            同じ創造でも やはり次元が違うと思う

             

             

            絵はその人の詩なのだと思う

             

             

             

             

             

             

             

            さぁ 絵を描こう

             

             

            もっといい詩をかきたいのだ

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

            IRO を 纏う

            2020.03.28 Saturday 12:08
            0

              JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

               

               

               

               

              夕暮れから 花見をした

               

               

               

              夜の空に 花のシルエットが浮かぶ

               

               

               

              あと何度 桜を見れるのか

               

               

               

              人の一生の儚さが 際立つ春の桜は いつも切ない

               

               

               

               

               

               

               

              数年前に テキスタイルデザイナーの 伊藤尚美さんの布を買い

               

               

               

              母に ワンピースを仕立ててもらった

               

               

               

              子供頃からだと 今まで何着服を作ってもらったか わからない

               

               

               

              母は 洋裁を習っていたし 私と同じ美大卒(デザイン科)で手仕事が丁寧で

               

               

               

              着物のリメイクで服作りのオーダーもやっていた

               

               

               

              nani IROの布の 青と アイボリーの 2着の お気に入りのワンピースは

               

               

               

              風をまとって初夏を歩くとき 私は いつも 心が 弾む

               

               

               

              やはり 色を纏うって 素敵だ

               

               

               

              nani IRO のテキスタイルは 水彩画のドローイングが

               

               

               

              色彩も鮮明にそのままプリントされている

               

               

               

              先日は マスクを作るので 新しくまた彼女の新作のテキスタイルを選んだ

               

               

               

              今 型紙を元に 制作している

               

               

               

              なんでも 買うのでなく 自分で作ればいいのになと 思う

               

               

               

               

               柔らかな豆大福に うっとり 頬を緩ませながら ふと 思ったこと・・・・

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              祖父母の家から 遺品の家具や写真や器や墨や筆など・・・細々したものまで

               

               

               

              運んで 小さな運送の立ち合いをして 柱時計や ガラスの大きな海のウキワなどもらう

               

               

               

              祖父母の歴史が 心に染み入る数日

               

               

               

              思い出のカタチを 大切にすることで 心の安定が保てる

               

               

               

              いわば 遺品とは 心の処方箋でもあると 母をみて思う

               

               

               

              家が壊されるとき 運び込める思い出を選んで 時を共に過ごしていく

               

               

               

              個人の思い出は 見えなくとも宿っている

               

               

               

              モノの中に・・・・・

               

               

               

              世の中は そんなモノであふれているんだ

               

               

               

               

              最後は何も もってはいけない 

               

               

               

               

              天国には 

               

               

               

              自分の魂以外は・・・・

               

               

               

              思い出のいっぱいつまったこの場所を去る時

               

               

               

              自分は何に感謝するか胸に問いつつ

               

               

               

               日々を生きる

               

               

               

               

              さぁ また 今日も 絵を描こう

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

              a happy new year

              2020.01.02 Thursday 21:36
              0

                 

                 

                 

                年末 御前山と高柄山のハードな縦走登山をした

                 

                 

                台風19号の爪痕は大きく 登山道は倒木などで激しく荒れており

                 

                 

                道も狭く崩壊していたし 道もコブを何個も登って下ってと

                 

                 

                かなりハードで体力を消耗する山だった

                 

                 

                カモシカに遭遇したのが最高の贈り物

                 

                 

                じっと動かず こちらを見ていた

                 

                 

                野生の動物に出会うと とてもテンションが上がる

                 

                 

                昨年から冬の低山も 温暖化の影響で寒さが厳しくない

                 

                 

                前は切れるほどのキーンとした冷たさの中歩いたが今は穏やかである

                 

                 

                今後の温暖化が心配だ

                 

                 

                元旦は箱根に足を延ばし 足柄駅から金時山のピストン約7.5時間歩いてきた

                 

                 

                金時山は金太郎の山

                 

                 

                山のふもとにたどり着くまで長く 駅から片道3時間かかった

                 

                 

                山自体は小さいのだが 急な階段が山頂までずっと続いてかなりきつい

                 

                 

                山頂は 富士山が美しく 展望が素晴らしく元旦にふさわしき景色

                 

                 

                 

                帰宅して 作りおきしたおせち料理を食べた

                 

                 

                 

                今年は 母にお煮しめと煮卵を届けて

                 

                 

                ブックカードをあげたら 泣いて喜んでくれた

                 

                 

                クリスマスは 母に花束とケーキを贈った 

                 

                 

                いつも一人になった母が心配だ

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                制作は良好!!

                 

                 

                今は 動物と山の絵

                 

                 

                色もたくさん使っている

                 

                 

                新作は今月のグループ展で披露

                 

                 

                そして 私の制作は まだまだ溢れ続け

                 

                 

                今は これまでであまり感じたことがなかった心境

                 

                 

                「絵を描くことが たのしくなってきている」のだ

                 

                 

                 

                絵に形が生まれた

                 

                 

                今までは 形がなかった

                 

                 

                ニュアンスどまりで 生ぬるくて 苦しかったけど

                 

                 

                今は 溢れるものを すくいあげている

                 

                 

                想いをこめて・・・

                 

                 

                 

                 

                吹雪の中迷子になって 寒くてココロ細く もうダメだと思った矢先

                 

                 

                ぽつんと見つけた民家の明かりに ほっと涙する

                 

                 

                わたしは そんな明かりのような存在の作品をつくりたい

                 

                 

                誰かのこころに ぽっと ともす温かい灯火のような絵を描いて

                 

                 

                 

                本当に哀しいひと さみしい想いをしているひとの心に寄り添って共に呼吸する

                 

                 

                そんな絵を描いていきたい

                 

                 

                だから わたしの絵は 本当に作品に惚れて欲しい人に 渡ってほしい

                 

                 

                新しい絵を みてください

                 

                 

                新しいわたしの世界

                 

                 

                いのち 自然 山 色の喜び 色彩賛歌

                 

                 

                きょうも いきていることに ありがとう

                 

                 

                いのちの うたが きこえる

                 

                 

                Ameka

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

                絵を描くわたし

                2019.12.19 Thursday 21:37
                0

                   

                   

                   

                  小品の油彩が一枚 完成した

                   

                   

                  鳥と鳥の巣と卵、木と葉の絵

                   

                   

                  今は熊の絵と ネズミと食べ物の絵

                   

                   

                  珍しく動物シリーズ

                   

                   

                   

                  あと2枚 新作を仕上げる

                   

                   

                   

                  今は 15枚位 大 中 小含めキャンバス が 出番を待つ

                   

                   

                   

                  どんどん 今は アイデアが浮かんでいるけど 制作が追い付かない

                   

                   

                   

                  個展とは別に 秋までに50号くらいの 山や いきものの絵も描く予定

                   

                   

                   

                  仕事や ライブ、家事の合間に 時間をつくる

                   

                   

                  今日は 絵具を買った

                   

                   

                   

                  たった数本で 五千円をこえてしまう

                   

                   

                   

                  しかも今回は イギリスの絵具を買った

                   

                   

                   

                  欲しい色が外国の絵具の方があるかもしれない

                   

                   

                   

                  色を無限に 買うお金が欲しいのだ、絵描きのわたしは・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  画材代はかさむけど 油彩じゃないと自分のこだわる絵肌と色がでない

                   

                   

                   

                  アクリルは発色が弱すぎる

                   

                   

                   

                  油彩は 絵の具が絵を描いているうちに

                   

                   

                   

                  何か他の物質になる感覚があって これがマチエールを作る楽しみだ

                   

                   

                   

                  絵具が絵になって 命が宿るとき マチエールも深まる

                   

                   

                   

                  絵が絵肌から薫る空気、温度感が大事

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  こないだは相方がでライブで夜遊び

                   

                   

                   

                  年明けもライブが何本かあるの愉しみ

                   

                   

                   

                  ライブ文化の近くに今後もいたい

                   

                   

                   

                  ヒッピーの生き残りのような ミュージシャンのコミュニィティー

                   

                   

                   

                   命の輝きを見せてくる

                   

                   

                   

                  定期的に ライブで音楽を聴くことが 生活の一部になっている

                   

                   

                   

                  ライブ文化、バンドの色んな音楽を聴くのは 楽しい

                   

                   

                   

                  音は 体に浸透する、ライブは楽しい遊びだ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  10年以上 抽象画にこだわって あえて 具体的な形を暗示させるものは

                   

                   

                   

                  避ける節があったけれど 立山の山旅の絵を描いたことがきっかけになり

                   

                   

                   

                  好きな世界を 形を与えて描くようになった

                   

                   

                   

                  人や 植物や 動物、山などが 絵にあらわれてきたのは ここ近年だ

                   

                   

                   

                  全ては イメージで描いている私の空想や思い出や創造から生まれるもの

                   

                   

                   

                  ずっと 何を描くかわからない時期が長く テーマが見つからなかった20代、30代

                   

                   

                   

                  でも 今は描きたいものがあり 過去にやってきた色づかいや

                   

                   

                   

                  マチエールの感覚が 形と融合して 新たな相乗効果が生まれている

                   

                   

                   

                  はっきりと わたしの描く世界が 目に見えてきている

                   

                   

                   

                  自分でも絵が 変わってきたいるんだなと 解る

                   

                   

                   

                   

                  もっと もっと 描いて 死ぬまで 個展をして絵を発表していくつもりだ

                   

                   

                   

                  いい絵をかければわたしは 幸せ

                   

                   

                   

                  全てが 変わっていきますように 望む方に

                   

                   

                   

                  欲する方へと・・・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  別冊太陽が  大好きな茨木のり子の 特集だったので 買った

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

                  Takoyaki Lover

                  2019.10.21 Monday 23:35
                  0

                     

                    念願のタコ焼きプレートをゲットして

                     

                     

                     

                    大好物のタコ焼きを自宅で食べれるようになった

                     

                     

                     

                    丸く焼くのは難しい うまく転がして丸く収める

                     

                     

                    オトコを扱うみたいに・・・・??

                     

                     

                     

                    はて 外で買うタコ焼きはなんであんなに あぶらっこくて

                     

                     

                     

                    ねっちょりして 味が濃い〜んだろう?

                     

                     

                     

                    家でつくると ヘルシーで あっさりしているよ

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    昨日は 相方の手術後の リハビリ兼台風後の山の偵察を兼ねて

                     

                     

                     

                    高尾山から城山へ行き 相模湖に降り 5〜6時間の軽い山歩きをした

                     

                     

                     

                    山道は通行止めのコースも多々あり 

                     

                     

                     

                    木々や葉で道は荒れていたり 水量が増えていたりしていた

                     

                     

                     

                    前回の南アルプスは 手術前の滑り込み登山

                     

                     

                     

                    台風で南アルプスは 登山道や林道の崩壊で通行止めになってしまったので

                     

                     

                     

                    しばらく山小屋はクローズだし 登山口までも通行止めらしいので

                     

                     

                     

                    滑り込みで 山旅してきてよかった・・・・

                     

                     

                     

                    相模湖は ミルクコーヒー色の水であふれ ゴミが大量に浮いていて 水面が見えないくらい

                     

                     

                     

                    流木や泥、人間の捨てたプラスチックのゴミでダムの一面が覆われていて 汚れていた

                     

                     

                     

                    台風の水害が如何に大きなものであったかを知る

                     

                     

                     

                     

                    相模湖の弁天橋付近は 何となく怖かったし まだ水量も凄く

                     

                     

                     

                    木々や泥で 荒れ放題で 崩壊も激しく 元々怖い場所が

                     

                     

                     

                    もっと怖く感じた

                     

                     

                     

                    山にある潰れた小屋やキャンプ場は なんともいえない

                     

                     

                     

                    客の来ない廃墟の小屋、逆さまのnボートが無言で横たわっている

                     

                     

                     

                    山小屋やキャンプ場は 経営が難しいし 老朽化した建物を維持していくには

                     

                     

                     

                    北アルプス並みの観光客が来ない限り 改築と経営維持は難しいのだ

                     

                     

                     

                    駅前の レトロ喫茶 デミタスは お気に入り

                     

                     

                     

                    3回目の ご来店

                     

                     

                     

                     

                    大好物のグラタンが 完売で やむなく オムライスと

                     

                     

                     

                    カツカレーと ハイボールで乾杯

                     

                     

                     

                    その日は ひゃっくりが 3回 出て困った

                     

                     

                     

                    舌を引っ張たら止まるらしく やってみたら止まった

                     

                     

                     

                     

                    ここ近年 高山でも 夜の冷え込みは さほど厳しくない

                     

                     

                     

                    冬の登山も 寒さが 痛いほどではなかった

                     

                     

                     

                    温暖化だ

                     

                     

                     

                    紅葉も遅い

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    今は 山旅 キャンプの思い出を 油彩に イメージで描いてる

                     

                     

                     

                     

                    これから描こうとしている地塗りの キャンバスは10枚程度

                     

                     

                     

                    アトリエで 出番をまつ・・

                     

                     

                     

                    4号から50号まで ランダムに・・・

                     

                     

                     

                    描きかけの絵が待機していると 

                     

                     

                     

                    やるべき仕事があることに幸福を感じてワクワクすると同時に

                     

                     

                     

                    なんだか そわそわ こころが ざわつく

                     

                     

                     

                    来年の年明けと秋は 代官山で展示

                     

                     

                     

                    年末は 病院へ絵の搬入と 埼玉でのグループ展の2本

                     

                     

                     

                    わたしは 絵を描くと 時間の概念がなくなり 何時間でも描けるのだけど

                     

                     

                     

                    生活があるから 意図的に中断していることが 本能に反している

                     

                     

                     

                    このことが かなしい

                     

                     

                     

                    朝から夜まで ずっと描いていたいが 生活が邪魔だ

                     

                     

                     

                    食べることも面倒になるので 餌のような簡単な食事だけになる

                     

                     

                     

                    もっと 絵を描く時間を 意図的に増やしたい

                     

                     

                     

                    でも どんなときも 自分の力で生きて 稼いで食べて 生活する中で

                     

                     

                     

                    わたしは 自分の表現をしていきたい 

                     

                     

                     

                    自分の力で立って生きる上で 生まれる絵でないと嘘になる

                     

                     

                     

                    だからわたしは早くに 家をでた

                     

                     

                     

                    わたしの場合はそうしないと 生ぬるい自分が居心地が悪かったんだ

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    油絵は 絵具を重ねること 

                     

                     

                     

                    わたし個人は 4層目以降位から やっと・・・・自分の中で馴染んでくるものがある

                     

                     

                     

                    それまでは探りだ

                     

                     

                    地塗りして 構図を探りながら 色を重ねて 

                     

                     

                    ああでもない、こうでもないと やってるうちに

                     

                     

                     

                    いつのまにか 層は増えている

                     

                     

                     

                     

                    下の色とマチエールーを 生かしながら 時に殺しながら バランスをみて

                     

                     

                     

                    画面の構築 

                     

                     

                     

                    おもしろくなってくるまでは 見えない旅先を探しているようだ

                     

                     

                     

                    ある程度 絵具が層になってくると 色同士が重なって

                     

                     

                     

                    色の奥行と深みで 絵がたのしくなるんだ

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    私は結局のところ 色の調和や対比を 絵の中で追及しながら遊んでいる

                     

                     

                     

                    色の調和が キマルとたのしくなる

                     

                     

                     

                     

                     

                    category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

                    手放す

                    2019.08.22 Thursday 21:47
                    0

                      JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

                       

                       

                       

                      最近 不要なものを 寄付したり 整理したり

                       

                       

                      部屋の模様替えをしたり 浄化中

                       

                       

                      服部みれいさんの本もシンクロして読んだりして

                       

                       

                      共感できる世界がいっぱいだったり 実践していることや

                       

                       

                      興味のある新しい世界もいっぱい

                       

                       

                      それは 西荻の大好きな本やさん ほびっと村の世界を 

                       

                       

                      ぎゅっと詰め込んだような世界

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      今年は 不要なものを見極めて手放す年

                       

                       

                      だから こんなに 部屋を変えたり ものを処分したりしたいんだね

                       

                       

                      新しい自分になるステップを踏んでいるよ

                       

                       

                       

                      昔惹かれたモノも人も 今はもう わたしを とおりぬけて去った

                       

                       

                      手放すこと・・・・ 

                       

                       

                      手にいっぱいもった いろんな色やかたちの風船を 空に放してる そんな感じの日々・・・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -