Ameka Nakamura HP OPEN

2020.09.01 Tuesday 23:28
0

        

       

     

     

     

        ホームページ更新しました

     

     

        

        画業歴(油彩)は27年ほど

     

     

     

        作品数が膨大の為、載せている作品は ほんの一部です

     

     

     

        写真は 新作の油彩を中心に 順次アップしていく予定です

           

        

         

        ブログは2010年にはじめて 730記事を越えたので

     

     

        

        現在は 近年の記事に絞って 一部のみ 公開しています

        

     

       

     

        Ameka Nakamura  HPは こちら 

     

                

     

            HPアドレス 

    https://artist-painter-ameka-nakamura.webnode.jp/

      

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

    神田 日勝展

    2020.06.06 Saturday 20:00
    0

      JUGEMテーマ:展覧会

       

       

       

       

       

       

           神田日勝展へ

       

       

       

       

       

       

       

      久しぶりに 展覧会に 行くことができた

       

       

       

      初めてみた作家 神田日勝の油彩は ほんものの絵描きの作品だった

       

       

       

      作品に普遍性があり 歴史に残る人

       

       

       

      絵から命、作家のエネルギーを感じれて

       

       

       

      改めて 絵描きの素晴らしさを決定づける煌めきがあった

       

       

       

      好き嫌いだと 好みの作品ではないのだけれど

       

       

       

      でも それだけで 判断することはできない切なものがあって

       

       

       

      画集も買った

       

       

       

      絶筆の馬と 室内風景が一番好きで 食い入るように ずっと観てきた

       

       

      展覧会の感想で熱く語れるということは それだけ 感動した証

       

       

       

      逆に サラッと流されるものは 心に留まるものが希薄なのだ

       

       

       

      わたしは 彼の生き方と 真っすぐに絵画と向き合った姿勢と 

       

       

       

      その隙のない密な画面に 惹きこまれる

       

       

       

      それは 涙ぐましいものでもある

       

       

       

      ここまで 真剣に向き合い 作品を創る精神は強く

       

       

       

      そして作品には 命が普遍的に宿っている

       

       

       

      飾り気や偽りなんか 一切ない・・・

       

       

       

      見つめる命 己・・・・

       

       

       

      目の前にある身近な等身大のモチーフ

       

       

       

      死んだ馬、死んだ牛、腹を切られ内蔵の赤の見える牛、

       

       

      アトリエの画材、見つめ返す人物の目、細密な新聞の描写

       

       

       

      変貌する作風と色彩、苦悩…渦巻いて 問いかけてくる

       

       

       

      わたしへのこころに 絵が語ってきた

       

       

       

      絵描きって凄いなと 思う

       

       

       

      こういう素敵な絵を描く人がいるから

       

       

       

      こういう生き方をしている人がいるから

       

       

       

      わたしは 胸を打たれて 絵描きになりたいと 思ったんだ

       

       

       

      現代アートや イラストも好きだけど

       

       

       

      本当に胸をわしづかみにされて もっていかれる感動は

       

       

      わたしは絵画だ

       

       

       

      この神田日勝の絵が 多くの人に知れわたり

       

       

       

      生きる指針になれば と 思う

       

       

       

      熱い魂をもったひとが もっと 増えたら 日本のアートも豊かになるのか

       

       

       

      いい絵を観れて ずっと脳裏に残るものが宿されて

       

       

       

      わたしは 日勝に お礼を言う

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

      蟹江杏展

      2020.06.06 Saturday 19:03
      0

         

         

        今日は 久しぶりに母を誘って 銀座に行き

         

         

        蟹江杏さんの新作個展を観に行った

         

         

        動物や人物や植物の 親しみやすい作品でCUTE

         

         

        大小とりまぜた展示は 次回の個展の参考になった

         

         

         

         

         

         

        近くの 「むぎとオリーブ」という人気のラーメン店にも行く

         

         

        おだしのきいたスープで あっさりと食べやすい女性に受けやすい味

         

         

        他 鳩居堂と いとうやで 文具などみて回ってきた

         

         

        有楽町は 人で賑わい 銀座方面は 普段より人は少ない

         

         

        鳩居堂で 鳩のスタンプを手に入れた

         

         

        銀座の土地感は 母が詳しい

         

         

        昔は 銀座は最先端の西洋のハイカラなものがあって 

         

         

        その名残で有名な老舗が残って営業を続け 名店が多く

         

         

         ブランド店が軒を連ね 買い物客で賑わう街

         

         

        学生時代は よく画廊をみて回った

         

         

        月光荘でも3回展示をしている

         

         

        今は もので溢れていて どの街もあまり 大差がないのがつまらない

         

         

         

         

         

        先週 ART CLOUDS ART COFFEE での 展示が終了しました

         

         

        作品を観に来て下さった方々、投票して下さった方々 ありがとうございました

         

         

         

         

         

         

         

        今も 地道に 少しづつ 絵を描いています

         

         

         

        量産もできず 描く時間も沢山ないけれど

         

         

        わたしも絵画の中で 夢をみさせてください

         

         

        描くことは 私の救いなのです

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

        アマビヱ

        2020.04.22 Wednesday 15:55
        0

           

           

          アマビヱのイラストが 流行っていると知って

           

           

           

          私も 顔彩で和紙に描いてみた

           

           

           

          祖母の遺品の顔彩と 和紙を 昨夜 はじめて使ってみた

           

           

           

          とても綺麗な色のホルベインの顔彩で 木箱に入っている

           

           

           

          7枚程 イラストを描いて いい出来のものは1枚程

           

           

           

          母にも アマビヱの絵を 送った

           

           

           

          顔彩は 手軽に使える

           

           

           

          パレットに絵具を出す必要はないし

           

           

           

          水で濃淡をうまく操れば楽しい

           

           

           

          子供の頃から水彩画は 慣れ親しんでいるので

           

           

           

          水を使った ぼかしの表現はお手のもの

           

           

           

           

           

           

          先週から 仕事が長期休暇なので 仕事がないぶん

           

           

           

          制作に時間をあてられて 毎日制作している

           

           

           

          毎日いかに 仕事に労力とエネルギーを奪われているかかが判る

           

           

           

          絵を描くことが 仕事で 人生になれたら 毎日もっと絵が描けるのに・・・

           

           

           

           

          貴重な時間を絵に捧げて 生きれるようになるのが本望だ

           

           

           

          強靭な精神をもちながら 心の炎が消えぬように

           

           

           

           守って守って守り抜く 絵ココロ

           

           

           

          今は 束の間でも 制作にエネルギーを注げる貴重な時間

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          30号という 私には 久しく大ぶりな油彩に取り掛かっている

           

           

           

          ここ最近同じテーマで 描いている山と焚火とキャンプと音楽を取り混ぜた

           

           

           

          私の山の絵

           

           

           

          どこの山といわれても困る

           

           

           

          今迄 旅した山の景色と 味わった自然の醍醐味を 

           

           

           

          思い出と共に 消化して描いた山の絵だ

           

           

           

          だから いろんな山が混ざっていて しかも どこにもない場所

           

           

           

           

           

           

          そして 片付け

           

           

           

          主に20代〜30代の頃の絵を 大量に処分した

           

           

           

          スケッチブックのドローイングや水彩や絵本の原画など

           

           

           

           

          後悔はない程に もう充分寝かせておいたものだから もうお別れです

           

           

           

          今の絵 どんどん進化 変化して 今の絵も 

           

           

           

          気に入らなくなるときが いつか くるのかもしれない

           

           

           

          まだ 昔の油彩が沢山あって 整理して 片付けたい絵も多々あるので

           

           

           

          そのうちまた処分するだろう

           

           

           

          何十枚単位で ありそうだけど 

           

           

           

          節目の思い出深い作品と 自選して手元におきたいもの以外とは

           

           

           

          さよなら したいんだ

           

           

           

          昔の絵 

           

           

           

          過去は過去 捨てたいもの

           

           

           

          捨てても 残っているもの

           

           

           

          描いた事実

           

           

           

          見えない足跡が これからの わたしを つくるんだ

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          「そう わたしは ときどき 棄てたくなるんだ

           

           

           

          わたしの なかの 流れを 濁らすものすべてを」

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

          ロベール クートラス

          2020.02.25 Tuesday 21:14
          0

             

             

            探していたロベール クートラスの画集を 見つけてゲットしました

             

             

             

            とてもうれしい

             

             

             

            昔観た松濤美術館の展示は とてもよかった

             

             

             

             

             

             

            来月は 相方が西でツアーライブ

             

             

             

            しばし 旅に出ます

             

             

             

            新幹線で お弁当とビールを飲み 絵の構想を練るのが 今から楽しみ

             

             

             

            タコ焼きも食べる

             

             

             

            六甲山など山も登り 姫路も一人で回ってくるつもり

             

             

             

             

             

            絵が どんどん生まれています

             

             

             

            山の絵より 半抽象の絵の方が自分らしさが出ている気がした

             

             

             

            はじめから 構想のないまま描くスタイルをずっとやってきたので

             

             

             

            描かきながら探って生まれる 見つける絵は 自分で想定外のものができて面白い

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            もっとアーチストに開かれた環境が欲しい

             

             

             

            強靭な継続する意思 

             

             

             

            売れる売れないに関わらず

             

             

             

            納得いく表現を求め続け 死ぬまでやって

             

             

             

            運がよければ死後に売れて そうでなければ 無名のまま

             

             

             

            絵は焼かれるだろう・・・

             

             

             

            わたしの運命は・・・・・

             

             

             

            まだ 夢を追っている

             

             

             

            絵描きになりたい

             

             

             

             

            絵描きでありたい

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

            有本利夫 花降る時の彼方に

            2020.02.20 Thursday 22:50
            0

              JUGEMテーマ:絵画

               

               

              だいぶ昔のことですが 東京ステーションギャラリーで 

               

               

              有本利夫展がやっていて観に行った

               

               

              そのときは 図録は買わなくいて 今になって画集が欲しくなった

               

               

              絵画制作において 古典のフレスコ画に感化され 風化したマチエールで

               

               

              時の止まったような静かな世界の絵

               

               

              人物がふっくらデフォルメされていて 

               

               

               

              そのフォルムや顔の表情が印象に残る独特の世界観

               

               

               

              そう 彼は独自の世界観があり それを表現する才能があった

               

               

               

              30代で夭折した天才の一人だ

               

               

               

              物語の一幕が絵の中で永遠に止まっているかのよう・・・

               

               

               

               先日 中古でその時の図録を見つけ買った 

               

               

              2002年に観たステーションギャラリーでの図録 花降る時の彼方に

               

               

              18年も前のことなのに あのときみたあの絵というのが 自分の中にのこるのが絵の凄さだ

               

               

              西淑さんの作品集を観ていたら 人物がの静けさが感じられて

               

               

              もしかして有本さんの絵が好きな方なのかしらと思った

               

               

               

               

               

               

               

              真面目に絵と向き合う行為は 他人はなかなか理解されずらいので

               

               

              わたしは 絵について ほとんど語ることはない

               

               

              むしろ 説明をすることが とても苦手

               

               

              ポーカーフェイスで殻から出ないのは 自分を守るため

               

               

               

              生きぬくって bitter chocolate

               

               

               

              語られることのない過去が 絵の糧となっている

               

               

              それが深みとなるのなら あの涙も意味があった

               

               

              あと30年 頑張って絵に精進してみて

               

               

              それでもだめなら 全てを燃やしてしまいましょう

               

               

               

               

               

               

              category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

              松田 正平 風の吹くまま

              2020.02.11 Tuesday 19:36
              0

                JUGEMテーマ:絵画

                 

                 

                15年前に買った 敬愛する画家の一人である松田正平の画集を

                 

                 

                久しぶりに眺めた

                 

                 

                 

                絵を描くわたしは 孤独である 

                 

                 

                 

                過去の画家の画集の中の言葉から その意味を探ることが慰めとなる

                 

                 

                 

                とて やはり 松田正平の生き方と作品には 涙がでた

                 

                 

                 

                認められないことを 延々と継続するには どんな意志が要るのだろう

                 

                 

                 

                純粋にイラストレーターは 作品が商品化されることで 生える

                 

                 

                沢山の人の目に触れ 手にわたる

                 

                 

                しかし わたしのやっている仕事は 商品化されることを 目的とはしていない

                 

                 

                ただ 絵画を絵画として 成り立たせようともがいている

                 

                 

                 

                絵を描き続けるこる意味 問い

                 

                 

                 

                「自分が好きなものを好きに描いた画を 全く知らない人が買いだしたのは

                 

                 

                 

                六十五歳ぐらいの頃である

                 

                 

                 

                七十になってやっと安定したのだから

                 

                 

                 

                普通の人と話しても何のことやらわからないらしい」

                 

                 

                 

                と 松田正平の言葉 

                 

                 

                 

                みな ここまでいくまでに 辞めてしまったり諦めてしまったりするんだろう

                 

                 

                 

                わたしも なんとかあと20年少し 踏ん張ってみようと思う

                 

                 

                 

                死ぬ前に大輪の花 一輪咲かせたら それでいいのかな

                 

                 

                 

                アトリエで 絵に埋もれている画家の姿は とても素敵だと思う

                 

                 

                 

                満足する画面を求めて 探求を続けながら

                 

                 

                 

                わたしも ひとつひとつ 歳を重ねていきたい

                 

                 

                白髪も染めないで 化粧は嫌い 

                 

                 

                いつも自然の姿が 綺麗な人でいたい

                 

                 

                お面のように 塗って隠すことは嫌い

                 

                 

                素顔をだしていても なかなか心の素は出せないけど

                 

                 

                 

                「流行を追うな

                 

                 

                有名になるな

                 

                 

                良い職人のように こつこつ腕を磨け

                 

                 

                もっと しっかりした絵を私は描きたいのだ」

                 

                 

                 

                松田正平のこの言葉を 私は紙に書き写し

                 

                 

                アトリエのギターの弦の間に挟んで いつも目につくようにした

                 

                 

                 

                自分を 鼓舞しないと 継続と意味が見いだせないときがある

                 

                 

                でも 辞めない意志をもっていたい

                 

                 

                わたしは やっぱり ゑ描きになりたいから

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

                油彩

                2020.02.06 Thursday 23:43
                0

                  JUGEMテーマ:絵画

                   

                   

                   

                  油彩の醍醐味は なんといっても 色を重ねて奥行をだせること

                   

                   

                  しっかり乾かしてから 塗り重ねれば 色は濁ることなく

                   

                   

                  下の色との調和で 単色でべた塗りするだけの単調さから

                   

                   

                  こころが わくわく ときめくような綺麗なハーモニーが生まれる

                   

                   

                  絵を展示すると 必ず 「アクリルだと思った」と言われる

                   

                   

                  というのも 私の油彩は色に濁りがなく オイルでギトギトとテカリもなく

                   

                   

                  とてもマットで パウダリーな表現もできるから 驚かれるのだ

                   

                   

                  昔から 油彩特有の テカリが嫌いだった

                   

                   

                  でも 油彩の発色と マチエールの多様さには惹かれた

                   

                   

                  どうしたら 色の魔術師になれるか それ一筋で絵をやってきたように思う

                   

                   

                   

                   

                  下の色をナイフで 引っ掻いて 一発勝負のドローイングのような表現をしたり

                   

                   

                  筆で描くのとは違う線が見つかって しっくりきたりする

                   

                   

                  私は 即興的な単発の仕事を嫌う

                   

                   

                  遊びでなら きっといくらでも描けるだろう

                   

                   

                  でも ただ歌うことがしたいのではなくて

                   

                   

                  わたしに描く行為は 今の自分の中を旅する瞑想の時間も兼ねている

                   

                   

                   

                  今を積み重ねた時間に価値を置いている

                   

                   

                  今が何重層にもなって わたしの交響曲は奏でられる

                   

                   

                  わたしには簡単に多作が描けてしまう器用さはない

                   

                   

                   

                  ナイフは絵具を 鋭い線で削る以外にも 

                   

                   

                   

                  好きなフォルムに切り抜くように色を削ったりもできて

                   

                   

                  更にまたその上から色を重ねて 調子を探ったり 形を作ったりしながら

                   

                   

                   

                  バルールを探る 単調にならぬように リズムを大事にしながら

                   

                   

                  生かす(残す)仕事と 殺す(消す)仕事の掛け合いに気を使うのだ

                   

                   

                   

                  絵を描くって この掛け合いがうまい人がセンスがあるんだと思う

                   

                   

                   

                  そこでイメージするのは敬愛する山口薫や脇田和や三岸節子

                   

                   

                   

                  絵を描くというよりはは 絵を「創る」といったほうが近い気がする

                   

                   

                  わたしは 大体の構図のイメージは スケッチブックに留めているが

                   

                   

                   

                  あくまでも メモどまりで 

                   

                   

                   

                  地塗りでまずスタートを切り

                   

                   

                  色を重ねながら構図を探る状況で 悩み

                   

                   

                  試行錯誤しながら 色の調和を考えて

                   

                   

                  感覚やイメージに従う

                   

                   

                  絵は 絵具の層が ある程度重なってこないと

                   

                   

                   

                  安定したマチエールになってこない(わたしの場合)

                   

                   

                   

                  4〜6層位 色を重ねて探ってくると

                   

                   

                  単調だった色に深みが生まれはじめてくる

                   

                   

                  画面の絵が こっくりしてくる

                   

                   

                  薄塗りのジャムのトーストから一変して

                   

                   

                  コクのあるバターと蜂蜜のトーストに変わってくるんだ

                   

                   

                  絵の味がね

                   

                   

                  ほんのわずかの絵具で 最後はお化粧するように 仕上げのポイントに

                   

                   

                  色彩をほどこす

                   

                   

                   

                  わたしは 化粧は全くしないが 絵で例えると

                   

                   

                  口紅やアイカラーやチークを薄くホンノリ塗るように

                   

                   

                  あるポイントに ほんのりと色を施す

                   

                   

                  とっておきの色でね

                   

                   

                  そのキメ手の仕事によって 絵がいきいきとしたり または 逆になる場合もある

                   

                   

                   

                  全てわたしは 色の調和が要なので どの色を隣においたら どの色を下に置いたら

                   

                   

                  今置く色が より美しく見えるかを 意識して 計算しながら色を選んでいる

                   

                   

                  色彩感覚は 頭ではなく 感覚のみ 考えるのとは違うんだ

                   

                   

                  色って 愉しいよ

                   

                   

                  「ある人は私の絵には 夢があふれ実に楽しい

                   

                   

                   

                  だからわたしの生活もこの画面のようにさぞ 悩みもなく 毎日が楽しいことだろう

                   

                   

                   

                  冗談じゃない

                   

                   

                   

                  私も人間だから 悩みも苦労もいっぱいである

                   

                   

                   

                  この夢あふれた画面を 作り出す作業だって苦労と悩みのひとつだ

                   

                   

                   

                  だいいち 描かれた図柄がそのまま作者の生活だと思われちゃかなわない

                   

                   

                  旅行記や生活の記録なら 写真機で充分だろう

                   

                   

                  画家は見えないものを描いて見せることが仕事だし

                   

                   

                   

                  絵は作者の願望を表出するものであり

                   

                   

                   

                  根源的には死に抵抗する人間のもがきだと思っている」

                   

                   

                   

                  と 画家 正田壤は自作について語った

                   

                   

                  わたしは 画家の言葉にいつも惹かれた

                   

                   

                  絵を描いていると 先人の画家と 絵で繋がることができる

                   

                   

                  わたしは 沢山の画家の言葉や作品に感動し 鼓舞され

                   

                   

                  励まされてきた

                   

                   

                  それだけ凄い画家がいっぱいいるんだ

                   

                   

                  いつか自分の作品や生き方でも 誰かの心を捉えて離さない情熱をもった画家になりたい

                   

                   

                   

                  静かで ちょっと寂しくて切ない 愛らしい 美しい 灯火のような絵

                   

                   

                   

                  そんなこころで生きていたら 望む絵がかけるのだろうか

                   

                   

                   

                  絵はその人のこころまるごと

                   

                   

                   

                  隠さず飾らずありのままの自分がでると思う

                   

                   

                   

                  その怖さと正直さに救われる

                   

                   

                   

                  わたしはわたしの絵しか描けない

                   

                   

                  嘘のある作品は全く カタチだけで心に響かない

                   

                   

                  涙の結晶なのではないか 

                   

                   

                  沢山泣いた人間の手垢の

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

                  あおいてがみ

                  2020.01.06 Monday 22:01
                  0

                    JUGEMテーマ:絵画

                     

                     

                     

                    昨年 絵本を創った記事を書きましたが

                     

                     

                    原画をアップしてみます

                     

                     

                    亡くなった大切な人を想い 作った本

                     

                     

                    絵も含めて やり直す必要があるのか

                     

                     

                    何年か時間をかけて検討したい

                     

                     

                    今年に入り 言葉を推敲しなおしているので 絵だけの紹介

                     

                    (水彩絵の具・クレヨン・アクリル絵の具・紙・コラージュ・ 2019年作 あめか)

                     

                     

                     

                              

                     

                     

                        

                     

                     

                       

                     

                     

                       

                     

                     

                        

                     

                     

                        

                     

                     

                        

                     

                     

                        

                     

                     

                        

                     

                     

                        

                     

                     

                        

                     

                     

                        

                     

                     

                     

                       

                       

                     

                     

                     

                          

                      

                          

                     

                           

                                 

                        

                     

                        

                     

                        

                        

                     

                            あさと よるのあいだ

                            そらが おれんぢいろに そまっている 

                     

                            燃ゆるいのち の おとを きいたよ

                            

                            あめか から 天の父へ捧ぐ 2020 

                     

                     

                     

                           

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         

                    category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

                    原田 治展・・・そして ミナペルホネン

                    2019.08.10 Saturday 08:16
                    0

                       

                       

                       

                       

                       

                       10代の頃 好きで集めていたOSAMU GOODS

                       

                       

                       可愛いを集めた 原田 治展に行ってきました

                       

                       

                       懐かしいもの 持っているものも 沢山あって

                       

                       

                      イラスト以外に 発表を目的としていない抽象絵画や

                       

                       

                      立体の作品もあり 私にはとても興味深かった

                       

                       

                      作風の全く違うイラストも展示してあり 意外な一面と多彩な才能を感じました

                       

                       

                       

                       

                       

                      母と鑑賞した後 代官山まで足を伸ばし ミナペルホネンの3店舗に行ってきました

                       

                       

                      マテリアリで ブローチと はぎれのセットを求めました

                       

                       

                      店内は 何度も個展を観に行っている OKI JYUNKOさんの 

                       

                       

                      白い球体の刺繍の作品 「初恋」 も飾ってありました

                       

                       

                      作品を愛でて買い求め それを自分の店に展示しているのは 素敵だと思いました

                       

                       

                      静かで 凛としたセンスが店内を漂い 美しい布が置かれ

                       

                       

                      花の生け方やインテリアもとても素敵でした

                       

                       

                      美しいものを観ると 魂が喜ぶ!ね

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      category:ART | by:中村 あめか | - | - | -

                      PR
                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM