秋 山旅

2019.12.04 Wednesday 23:25
0

     

    JUGEMテーマ:アウトドア!

     

     

            秋の天城山 縦走

     

     

            鹿がいたよ

     

     

            黄色い葉と 緑の苔の山

     

     

     

            

     

     

     

     

     

     

     

     

            大室山の 空 山 海

     

            海に太陽が輝き 眩しい

     

            

            小さい三角のカルデラの山

     

     

     

         

          

     

     

     

          

     

     

             一碧湖は 鳥の国だった

     

            

             山に水辺があれば 神が宿る

     

              

             赤い鳥居は ここにもあった

     

            

     

     

     

     

            もみじが 赤く染まりかけるころ

     

     

            かさこそ 落ち葉を ふみしめ

     

     

            ふたりで 息をはずませた

     

              

            毎年 紅葉の時期に 山に入りたいと思った

     

     

           

     

       

            

     

     

          

    category: | by:中村 あめか | - | -

    山旅 天城山

    2019.11.23 Saturday 23:05
    0

       

      JUGEMテーマ:アウトドア!

       

       

       

      伊豆半島に山旅に行った

       

       

       

      100名山の天城へ

       

       

       

       

      今回も外れなかった素晴らしい山、さすが100名山と毎回思う

       

       

       

      どの山も展望よくいい道だ

       

       

       

      大室山と一碧湖をまわった翌日に 旅のメインの天城山にアタック

       

       

       

      今回はオーシャンビューの温泉宿に宿泊

       

       

       

      天城山は 万次郎山と万三郎山の縦走コースで 5時間半位

       

       

       

      いつもの山は7〜9時間は歩くのが当たりまえなので

       

       

       

      今回は 高低差もなく コースも短く楽でした

       

       

       

      伊豆半島から相模湾の海の煌めきが眩しく

       

       

       

      野生の鹿にも出会いました

       

       

       

      カサコソと動物の気配がして 木の陰から2匹の鹿が現れ感動した

       

       

       

      キィーンという鳴き声で大きな目の愛らしい鹿

       

       

       

      動物はやっぱり 孤独で静かな山歩きの最中に出会うのが一番感動する

       

       

       

      シャクナゲコースは 山の傾斜に沢山ある大小の苔で緑の岩と

       

       

       

      紅葉の赤や黄のコントラストが 大変美しく絵のインスピを貰えた

       

       

       

      稜線からは 伊豆半島の山々、海が見渡せ お天気も快晴で

       

       

       

      太陽と雲の織りなす移り変わる空の表情も美しくシャッターを切った 

       

       

       

      色鮮やかな秋の山は一番好きだ

       

       

       

      一碧湖では カモやアヒルがいて 平和的な小さな湖でのんびり散策できた

       

       

       

      水辺の鳥も制作のモチーフとなる

       

       

       

      大室山は観光地で 絵にかいたようなお握りの山で

       

       

       

      360度の大パノラマが素晴らしい山

       

       

       

      お鉢回りも楽しめた なんせ景色がいいものでテンションが上がる

       

       

       

       

      現在は 大・中・小込め 10枚以上の作品を同時制作進行中

       

       

       

      来年の個展は15枚前後 新作を出展予定です

       

       

       

       年明けのグループ展に向けても 新作を制作中

       

       

       

      ここ近年は 山旅の思い出をイメージで

       

       

       

      キャンプや焚火、鳥や動物、山旅の経験からインスピをもらい

       

       

       

      スケッチや写真から忠実におこすのではなく 旅の象徴をイメージで 描いてます

       

       

       

      どこの山 どこの景色とか 限定はなくて

       

       

       

      あそこの山 ここの山 あのときのキャンプ あの風景・・・・

       

       

       

      頭の中でミックスされ 絵が生まれています

       

       

       

      どの山旅からどの絵がうまれたか 自分の中で因果関係はあります

       

       

       

      長らく テーマがなく なにを描いていいか解らない月日が長く苦しかった

       

       

       

      でも今はテーマがあり 好きな世界を描いている

       

       

       

       

      自分の表現の強みである色彩感覚は

       

       

       

       描きたいものが が見つかったことで 生かされるようになったので

       

       

       

       

      絵を描くことがたのしく 一度制作をすると時間の概念がなくなり

       

       

       

      ずっと絵の中で試行錯誤している

       

       

       

      自分のフィルターを通した世界が絵になっていくのは楽しい

       

       

       

       

      これからも 絵のインスピは 自然への旅から うまれそう

       

       

       


      旅先から ご当地フォルムカードの葉書を 大切な人に2通投函した

       

       

       

      手紙が大好きなので いつも旅先から葉書を出すのが楽しい

       

       

       

      帰りは 平塚で秋野不矩展を観た

       

       

       

      日本画家でインドに魅せられて インドの風景や人物を描いた画家

       

       

       

      作品は70代〜80代に描かれた絵が多く

       

       

       

      この歳まで制作をする生き方が素晴らしいと思った

       

       

       

      私もこんな生き方をしたい

       

       

       

      水牛が川を渡る大作が良かった

       

       

       

      乾いたマチエールで 正直なゑ

       

       

       

      飾り気や虚像がないのだ、人柄だろう、好きだ

       

       

       

      息子の秋野イサムは生き方も風貌もカッコよくて 私の大好きな絵本作家

       

       

       

      旅をしながら絵本を作った人

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      心の泉があふれ出すいい2人旅だった

       

       

       

      帰りはもう次の旅の話でもちきりだった

       

       

       

      わたしたちは 旅のために働いている

       

       

       

      秋田と青森の山のプランを 今コーディネートしている

       

       

       

      来年の山旅もほぼ いくつかもうめどが固まりつつある

       

       

       

      早く旅に出たい

       

       

      次は クリスマスキャンプ 豪華に肉を焼こう

       

       

       

      自分たちで また焚火で火をおこして・・・・

       

       

       

      酒を酌み交わし キャンドルをともし 星を見て語らう夜

       

       

       

      そして絵を描くんだ

       

       

       

       

       

      category: | by:中村 あめか | - | -

      秋 山旅 

      2019.10.07 Monday 23:19
      0

        JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

         

         

        久しぶりに 山旅へ

         

         

         

         

        今回は 南アルプス

         

         

        前回は甲斐駒ヶ岳に登り 今回は仙丈ケ岳

         

         

         

        北沢峠で テント泊して 登った

         

         

         

        テン場を出発したのが朝6時位 戻ってきたのが午後の3時

         

         

         

        9時間の道のり

         

         

         

        後半1時間が足が痛い

         

         

         

        天気は最高で 紅葉がはじまりかけていて 沢沿いの登りがきつかったけど

         

         

         

         

        馬の背ヒュッテについて 馬の背の稜線歩きで仙丈ケ岳の全貌と

         

         

         

        素晴らしきカール、遠く北アルプス、八ヶ岳、中央アルプスの山、

         

         

         

        甲府や駒ケ根の街も見渡せ 雲海も見え 高山に来た喜びで心躍り

         

         

         

        踏ん張って 山頂へ・・・

         

         

         

        下山は長く 遥か下に テント場が見えた

         

         

         

        木々のにおい

         

         

         

        ほしがらすを 何匹も見つけた

         

         

         

        ガスがなく雷鳥には会えず・・・

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        3000mを越える山は でかい

         

         

         

        全力で登って見たこの景色を

         

         

         

        私は忘れないよ

         

         

         

        またこの山の思い出の断片を 油彩にしよう

         

         

         

         

         

         

        父の数千枚のLPレコード、 アンティーク、デッドストックトイズ

         

         

         

        溢れかえる部屋それを

         

         

         

         

        少しずつ 買い取ってもらったり寄付したりして 大分少なくなってきた様子

         

         

         

         

        部屋に収まりきる量にいいものだけを厳選して残して あとは 今後も整理して減らす日々

         

         

         

        私は ものは 増やしたくない 持ちたくない 

         

         

         

         

        持ち主のいなくなったモノたちを どうしても全てを 抱えきれない

         

         

         

         

        はじめから かたちのないものに 投資するのが私の主義

         

         

         

        旅が最高

         

         

         

        本当は家にも縛られたくない

         

         

         

         

         

         

         

         

        わたしは 山に出会えて良かったな

         

         

         

        山をやらない人生 テントで山で寝ない人生 キャンプをしない人生は

         

         

         

        なんと色あせたものか 都会の中にずっといても なにも心を動かされないし 感動がない

         

         

         

        アウトドアをやらないと 生活に メリハリがつかなくなる 

         

         

         

        山を登らない一生なら 地球の大きさがわからないままだった

         

         

         

        今の街の生活が当たりまえなままの価値観でいたら キャパが狭いまま終わってしまう

         

         

         

        電気がない 水道がない 顔が洗えない 歯も磨けない 石鹸は使えない

         

         

         

        山を汚すもの文明は 山には持ち込めない

         

         

         

        元々化粧をすることも 化粧している人も嫌いだから 関係ないけど

         

         

         

        野生の中でも 美しくいる

         

         

         

        着飾らなくても メイクで作って塗らなくても 元がよければ何もする必要がないよね



        呼吸しやすくするには 覆うことをやめないとね

         

         

        さあ 元の原石を 磨こうよ

         

         

         

        電子マネー?そんなの山にはない

         

         

         

        現金があっても 手に入らないものがあるんだ

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        わたしは 最高の遊びとライフワークを手に入れた

         

         

         

        野山で遊んで それを 絵に描くこと 

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        要らぬものには 触れない

         

         

         

        音沙汰がないことは NOです という無言のメッセージ

         

         

         

        なにもないことは もう気持ちがそこにはないこと

         

         

         

        だから そのこと(ひと)を 追うことは しない

         

         

         

        さみしいだけだから・・・・・

         

         

         

        変わっていくことを 受け入れる

         

         

         

        追わない

         

         

         

        必要のないこと(ひと)は もう 要らない

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        category: | by:中村 あめか | - | -

        赤城山縦走

        2019.06.29 Saturday 20:54
        0

          JUGEMテーマ:アウトドア!

           

           

           赤城山を旅した

           

           

           

           山と沼にココロが踊った

           

           

           

           湖畔にテントを張って 山と水を眺めて過ごした日々

           

           

           

           

           

           

           

          プチ尾瀬みたいなところ・・・・

           

           

          沼を巡る山旅のハイライト

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          海じゃなくても 波は たつんだ!

           

           

           

           

           

          ミニマムにまとまった赤城山地帯

           

           

           

          低山でも バリエーション豊かな山歩き 沼散策が楽しめて

           

           

           

          観光地の華やかさは低い故 静かな旅ができ  味わいがあって良い

           

           

           

           

           

           

           

           

           美しいつつじが咲く完璧な絵葉書のような風景が広がる

           

           

           赤城神社の近くには 鯉がいた

           

           

          遠くで学生が ボートの練習

           

           

          テントで酒を飲んで昼寝中 学生の声が こだまする・・・

           

           

           

           

           水は 透明 

           

           

           風でさざ波が寄せては返す

           

           

           木の影がエメラルドの水に浮かぶ

           

           

           

           

          山の朝といえば 霧

           

           

           

          あっという間に 霧は消えてしまう

           

           

          昨年の尾瀬では 霧は 生き物のように 動いて 幻想的だった

           

           

           

          アルプスの高山だともっと 厳しい自然なので 

           

           

           

          霧がもっと大きくて  ドラマチックに動物みたいに 変幻自在に動いていく

           

           

           

          そこが最高に 高揚した気持ちのスイッチをオンにする

           

           

           

          山はビールも旨いよ

           

           

           

           

           

                60L&40L  山旅大型リュック テント、タープをもって・・・

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

                    山旅の思い出を 描いてます

           

           

           

              湖畔に映る山の影 風 鳥のさえずり 霧 全てが美しい山の時間

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          category: | by:中村 あめか | - | -

          赤城山

          2019.06.03 Monday 23:27
          0

             

             

             

             赤城山の 山旅に 群馬県に行ってきました

             

             

             

             電車 徒歩 バス で行きました

             

             

             山頂カルデラにある火口原湖、大沼湖の畔で キャンプして

             

             

             

            くろび山、駒ケ岳、地蔵岳の三つの山を 縦走して

             

             

             

            小沼、覚満淵という美しい沼を巡りながら 8時間近く山を歩いた

             

             

             

            カルデラ湖の大沼は 1周1時間近く程の大きさで 周りは赤城山に囲まれ

             

             

             

            赤城神社や the 昭和なボート乗り場には 白鳥などのボートの他

             

             

             

             土産物やと 食堂や売店があった

             

             

             

            そこはまるで 令和という時代から取り残されたような 昭和な店が数件並んでおり

             

             

             

            ひじょうに レトロチックなプチ観光地で ココロ踊る楽しさと懐かしさがあった

             

             

             

            赤城神社の周りの池には 厄を喰う巨大な鯉が沢山 泳いでいた

             

             

             

            歴史は古い神社だが 神殿は新築で新しく 朱色の建物と橋が

             

             

             

            くろび山の山頂から見ると 絵葉書のように美しく

             

             

             

            大沼全体が良く出来すぎた観光名所の風景画のようだった

             

             

             

            くろび山は いきなり岩場の急登が続いて 1時間半程度で山頂に着く

             

             

             

            薄紫のツツジが美しく咲いていた

             

             

             

            小沼は 大沼よりもっと 小さい沼で エメラルドに輝く水面には

             

             

             

            爽やかな風が小さなさざ波を作り ゆらゆらと穏やかな波が楽しい

             

             

             

            鳥の声は美しい演奏会 

             

             

             

            太陽と山の萌える緑が 湖面にキラキラ 反射する

             

             

             

            浅い湖底が透明の水の下に見える

             

             

             

            完璧な風景だ

             

             

             

            これを 絵にしたい

             

             

             

            山と沼の絵を 空想で 思い出して 油絵にしよう

             

             

             

            地蔵岳は 終盤で他の山を下りた後 下から登り返したので とてもきつかった

             

             

             

            その頃 日差しは強くなり 汗ばみ 息をきらせて 苦しかった

             

             

             

            山頂は テレビの電波塔が建ち 風情がない

             

             

             

            いくつか 地蔵がたっていて 岩がごろついていた

             

             

            下界に 大沼と 縦走してきた山並みが 快晴の空と共に 美しく輝いていた

             

             

             

            下山して 古い土産ものやで 赤城の焼酎を買い

             

             

             

            蕎麦とカツ丼を 頼み 瓶ビールを頼み 二人で乾杯

             

             

             

            山旅談義で 興奮はおさまらぬ

             

             

             

            旨いそばと舞茸の天麩羅と 甘いソースのからんだカツに千切りキャベツの丼は

             

             

             

            腹ペコのハイカーには素晴らしいご馳走

             

             

             

             

            山にうちのめされ 体が悲鳴をあげている程 ビールの喉越しが 旨い

             

             

             

             

             

             

             

            ほろ酔いと疲労感の中 そこからまた キャンプ場まで歩くのがしんどく

             

             

             

             テント場に戻って 酒を飲みながら 横になった

             

             

             

            ボート競技の学生の練習を見た

             

             

             

            夕飯まで 数時間ねるばずが 疲れて起きれなくなり 夜まで寝てしまい

             

             

             

            そのまま 夕飯を食べないで 朝まで寝た

             

             

             

            翌朝は 霧で沼が 真っ白で山が見えない

             

             

             

            しばらくして 朝霧が消えてきて目の前に 地蔵岳が 姿を現した

             

             

             

            霧の風景は 尾瀬のほうが もっと 幻想的で美しかった

             

             

             

            尾瀬沼は 霧がまるで生き物のように 移動してきて綺麗だった

             

             

             

             

             

            帰りは 温泉に立ち寄った

             

             

             

            風呂上りにビールで乾杯

             

             

             

            近くの牧場で 牛と遊んだ

             

             

             

            行きにもこの牛に逢っていて 帰りもまた 牛が 近くに来てくれたので会話した

             

             

             

            言葉はないけど お話しているみたいだったな

             

             

             

            牛の絵も 花を添えて 油彩で描こうと思う

             

             

             

            それにしても 自然の中で 遊ぶのは 楽しい

             

             

             

            金を使う都会の遊びは もうなんの魅力も感じなくなっている

             

             

             

             

            来月は 磐梯山へ山旅 夏は アルプスへ山旅

             

             

             

            テントをはって また過酷で苦しい旅に出る

             

             

             

            でも やはり 山にいかないと こころが死んでしまうんだ

             

             

             

             

            絵を描かない期間が長すぎると 感性が涸れてくる

             

             

             

            そろそろ 私のこころも 悲鳴をあげそう

             

             

             

             

            その前に 新しいキャンバスに 色を塗ろう

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            category: | by:中村 あめか | - | -

            山旅

            2019.05.12 Sunday 23:10
            0

                

               

               

              北高尾を 縦走してきた

               

               

               

              八王子城から 狐塚峠に行き 小下沢キャンプ場まで下山した

               

               

               

               

              通行止めだった川の橋が直されていたので そこから 沢沿いに 景信山に登り返した

               

               

               

               

              道は 急登で きつかった

               

               

               

              そこから 城山と 高尾と 縦走して 下山は 夜になった

               

               

               

              昼前から夜7時過ぎあたりまで 歩き続けた

               

               

               

              足はだいぶ疲労した

               

               

               

              山は体力がないときつい 8〜10時間近く歩くのが普通なので

               

               

               

              限界の後にあきらめないで 歩き通す根性がないと旅が成り立たない

               

               

               

              イロイロ辛いけど  山に行かない人生より

               

               

               

              行く人生のが何百倍も 豊かになるから辞めない 

               

               

               

              太陽や星や山の姿をみて その美しさにただ 感動して泣くことができる

               

               

               

              街にいたら 太陽や星をみても 建物が邪魔して 

               

               

               

              泣くほどの美しさや神々しさは微塵もないのに

               

               

               

              山は空が近いから 自然の神も近くにいるんだ

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              その日は 出発が昼近くなってしまい ナイトハイクも兼ねた

               

               

               

              (本来なら 山は始発で行くのが大原則)

               

               

               

              夜の山は 闇でこわい

               

               

               

              カサカサと 生き物の気配がする

               

               

               

               

              明るいうちは 八王子城の山では トカゲや 蛇をみた

               

               

               

              また 毛虫も多くて  山の木から登山道に沢山落ちていた

               

               

               

              八重桜のピンクの花が 山道に落ちていた

               

               

               

              鳥のさえずりは 美しく 木々の陰は 涼しく 都会の喧騒は遠く

               

               

               

              山はやはり良かった

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              昨年はカラサワ奥ホに登ったので

               

               

               

              今シーズンの メインルートは に行きます

               

               

               

              毎回山旅は テント泊縦走です

               

               

               

              今年も野営で 山と一体になり 自分の限界の中で いのちを感じてきます

               

               

               

              それを また絵にして 山旅の思い出を描いて 個展にします

               

               

               

              将来は 街を捨て もっと山の近くに移り住みたい

               

               

               

              そこで 森の中の木に絵をくくりつけて 展覧会をして

               

               

               

              バーべキュウをして 焚き火で暖をとって 夜は星の観測と相方のギターを聴く

               

               

               

               

               

               

              category: | by:中村 あめか | - | -

              秋の 武甲山

              2018.12.15 Saturday 19:39
              0

                 

                 

                 

                もう冬になってしまったが

                 

                 

                 

                秋に 山旅 日帰りで 秩父 武甲山へ登った

                 

                 

                駅で 小鳥が お出迎え

                 

                 

                 

                 

                山の神に挨拶

                 

                 

                 

                 

                 

                登山口までのアプローチ

                 

                 

                 

                里山の民家をぬい 人々生活のにおいを感じ取りながら

                 

                 

                 

                山のふもとへ急ぎ

                 

                 

                 

                熊ベルをならして準備

                 

                 

                 

                山に入れば 懐かしい木のにおいがしてきて

                 

                 

                 

                カサカサと 落ち葉踏みしめて 一歩一歩足を進める

                 

                 

                 

                 

                 

                山頂からの眺め・・・

                 

                 

                 

                秩父の街を見下ろす

                 

                 

                 

                街に近い山だ

                 

                 

                 

                アルプスのような山だけに囲まれた展望はない

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ラーメンを作って食べて 下山して 

                 

                 

                 

                秩父セメントの工場を 急ぎ足で通過する

                 

                 

                 

                武甲山は 山が 人間によって ざっくりと削りとられて

                 

                 

                 

                痛ましい姿をしている

                 

                 

                 

                セメント工場も 有害な白い粉を撒き散らしていた

                 

                 

                 

                他の山にはない 後味の悪さが残ったが

                 

                 

                 

                 

                いつも 電車から見上げていたこの山に

                 

                 

                 

                やっと登れて いい山歩きができた

                 

                 

                 

                他にもいつも見上げて目にしていた

                 

                 

                 

                日本のシンボルの山 富士山には 2年前に登ったので 

                 

                 

                 

                今では あらゆる場所から富士を見るたび 感慨深い思い出がペア

                 

                 

                 

                登った記憶や景色、キャンプしたことが色々 よみがえってくる

                 

                 

                 

                山は登ったあとも ずっと 心に記憶の残像を残しながら

                 

                 

                 

                新たな絵のインスピレーションを与えてくれる

                 

                 

                 

                自然からのギフト

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                この冬も 関東近辺の 日帰り登山の冬休みになりそうです

                 

                 

                 

                いくつか 山旅決まっております

                 

                 

                 

                寒いのですが・・・・山頂ラーメンであったまろう

                 

                 

                 

                 

                クリスマスの結婚記念日は キャンプしながら焚き火をして

                 

                 

                 

                 

                お祝いパーティーしながら 遊ぶのですが

                 

                 

                 

                クリスマスキャンプって 寒そう・・・・・です

                 

                 

                 

                焚き火 ホットワイン、バーベキュー、ケーキ・・・・

                 

                 

                 

                寝袋に 毛布は2枚か3枚借りて 湯たんぽも持っていこう

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                category: | by:中村 あめか | - | -

                やま

                2018.11.23 Friday 20:36
                0


                  今日は 日帰りで 山梨の山二つ 縦走してきた



                  5時間位の軽めのコースで 山に入って リフレッシュしてきた



                  先月は 秩父の武甲山に登ったが なかなかごっつく



                  時間もかかった




                  今日は高畑山と倉岳山、このエリアは山が多く



                  車窓から 秋色に染まったやまが 数え切れないほど



                  こんもりと そびえている







                  毎年 冬休みは相方と一日おきに あちこちの日帰り登山をしていて



                  このエリアも 扇山と百蔵山、岩殿山、石老山、滝子山を登っている



                  今日は もみじ狩り・・・秋の山 冬の前



                  黄色い葉が多く カサカサと落ち葉を踏みしめながら




                  良く晴れた青空を仰ぎながら最高の山旅をした




                  冬はもっと 山歩きは 風が冷たく おちおち休憩もしてられない程寒い




                  今日も風は冷たくも 冬ほどでないので ほっこりできた




                  沢沿いの道は 水の流れが心地よい




                  山に入れば ただただ 無心になれて ふるさとに帰ってきた感じだ



                  この冬休みも いくつか山に登る



                  制作もぼちぼち



                  素敵な絵になるように 色を重ねています



                  展覧会は もうすぐ



                  額装を今 注文中




                  そろそろ 年明けの 代官山でのギャラリーでの作品もとりかかろう



                  来年は 代官山のギャラリーにも 作品を出す 




                  新しい世界



                  40代なかば 数年後がベストだろうか、個展を するかもしれない



                  その為の ウォーミングアップで 今新転地のグループ展に参加しながら



                  作品のクオリティーを高めながら



                  新しい表現を探しながら



                  制作することを もっと日常化させることを目指している



                  絵を描くことを 自分の中心に置きたい



                  自分を試しながら 切磋琢磨



                  山や 自然 鳥を 半抽象的に描くスタイルが



                  ここ数年で 徐々に 自分の中に 流れてきた



                  これから またどんどん 変わっていくだろう









                  「結婚して よかった」と わたしは 山で 相方に語りかけた



                  黄色い葉が 秋の風に揺れていた 空は青かった




                  今日の日よ ありがとう
























                   
                  category: | by:中村 あめか | - | -

                  涸沢 山旅

                  2018.09.16 Sunday 15:49
                  0

                     

                     

                    先週は 一週間ずっと 旅をしていた

                     

                     

                    大阪に一泊二日で行って 東京に夜戻ってきた 

                     

                     

                    翌朝 休む暇もなく 上高地から涸沢に行き 

                     

                     

                    穂高に登って4泊5日山にいた

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    山旅初日の朝は目覚ましをかけ忘れるほど 疲れていたので 寝坊して

                     

                     

                    出発の5分前に目がさめて あわてて 顔も洗えず歯もみがけないまま

                     

                     

                    ザックを背負って 電車に飛び乗り 上高地行きのバスに間に合った

                     

                     

                    昼について 上高地から 横尾まで3時間少し歩いた

                     

                     

                    途中 穂高神社 奥宮で お参りして 無事を願った

                    http://www.hotakajinja.com/okumiya.html#link04

                     

                     

                     

                    鏡の様に美しく澄んだ明神池を見た

                    http://www.kamikochi.or.jp/spots/myojin-ike/

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    翌朝 夜中3時に起きて 明け方まで2度寝して 

                     

                     

                    横尾から涸沢に3〜4時間かけて登った

                     

                     

                    涸沢は いわば 山人にとっては 聖地として有名なスポット

                     

                     

                    穂高岳に囲まれたカールに 最高約1000張りのテントが張れる

                     

                     

                    山ではずっと テント泊で

                     

                     

                    うつろいやすい空と山の景色に魅了された

                     

                     

                     

                    夏山シーズンや 紅葉になれば 混むが

                     

                     

                    わたしたちは シーズンオフで すいていたので

                     

                     

                    山で 人ごみにもまれずに ゆったり山タイムを満喫

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    翌朝は日の出前に起きて 

                     

                     

                    朝日で 紅く輝く奇跡の モルゲンロートをみることができた

                     

                     

                    涸沢から 奥穂高にアタック 無事下山できた

                     

                     

                    約6時間くらいで ほぼコース時間どおりに歩けたし

                     

                     

                    岩場の鎖場や梯子も 恐怖におびえ 叫びながらも?クリアできた

                     

                     

                    奥穂高は 標高3190M 

                     

                     

                    山頂は ガスっていて 展望なし

                     

                     

                    風もあり 寒かったが 

                     

                     

                    昨年の富士山の山頂程の立っていられない程の強風ではなかった

                     

                     

                    途中 ハイマツ付近で 2回も 雷鳥を見た

                     

                     

                    厳しい山でみる愛らしい命の出会いに ほっこり 心和む

                     

                     

                    茶色まだら模様でコロコロしていて 可愛かった

                     

                     

                    ザイテングラードの岩場は 

                     

                     

                    奥穂山荘から上の岩場よりも険しさはないものの

                     

                     

                    足場の悪い岩場が かっつり続くので 緊張感が要求された

                     

                     

                    奥穂山荘で記念に 手ぬぐいを買った

                     

                     

                    涸沢ヒュッテでも あづちさんの山男のバンダナがあり

                     

                     

                    飛びついて買った https://www.karasawa-hyutte.com/

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    涸沢ヒュッテのテラスで 夢にみた憧れの聖地にいることを

                     

                     

                     

                    かみしめながら ビールと名物おでんで 乾杯できて嬉しかった

                     

                     

                     

                    憧れの涸沢でカフェのカレーを ほおばったり

                     

                     

                     

                    ラーメンも あつあつで 煮卵とチャーシューも嬉しい

                     

                     

                     

                    テント場自炊以外の 涸沢外飯は有り難いご馳走で 美味しかった

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    奥穂アタック後の翌朝は わたしは留守番で涸沢でフラフラ暇をもてあます

                     

                     

                     

                    相方のみ 日がのぼると 涸沢から北穂高から涸沢岳と奥穂山荘、ザイテングラード、

                     

                     

                     

                    涸沢へと降る大冒険に挑み 成功

                     

                     

                     

                    前日の滑落者で死者の出た岩場だったので ヘリが近くを飛んでいたという

                     

                     

                    涸沢岳付近の岩場と鎖場の難所をクリア

                     

                     

                    全日のコースより長いし 難しいのに 

                     

                     

                    コース時間よりかなり早く戻ってきて 昼過ぎには

                     

                     

                    涸沢hyutteのテラスで合流できた

                     

                     

                    ビールを飲んで ランチの後 そのまま テントをたたみ

                     

                     

                    荷づくりをして 横尾まで 3時間歩いて 下山した

                     

                     

                    夜からずっと 雨で わたしは悪夢ホラーに魘されてしまう

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    翌朝は 土砂降りの中 テントをたたんで 

                     

                     

                    徳沢 明神 小梨 上高地まで 3時間歩いた

                     

                     

                    徳沢で 念願のソフトクリームを 朝から食べたので

                     

                     

                     

                    体は冷えてしまう http://www.tokusawaen.com/

                     

                     

                     

                    途中 猿の群れにと すれ違い感動

                     

                     

                     

                    山では猿に 良く出会う

                     

                     

                    小猿もいて 可愛かった

                     

                     

                    雨の中にもかかわらず これから 槍が岳や 涸沢に向かう人に

                     

                     

                    大勢すれちがった

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    上高地についてから 小梨で 風呂と食事をして

                     http://www.nihonalpskankou.com/

                     

                     

                    上高地で夕方まで遊んで 夜東京に着いた

                     

                     

                     

                    東京の人ごみや ビル 人工的な街の喧騒には 

                     

                     

                     

                    拒否反応が山旅の後は余計に強くなる

                     

                     

                     

                    やっぱり 東京と 街 が きらい 

                     

                     

                    都会 が きらい

                     

                     

                    やまが いい

                     

                     

                     

                     

                    今年の山頂は 例年より暖かく いつも テントでは寒くて眠れないが

                     

                     

                    今年は 猛暑のせいか 山の夜の気温も高めで 寝袋でも凍えない

                     

                     

                    いつも 凍えて眠れない位寒いのに 温暖化の影響だと思う

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    この山旅で 山小屋にしかないオリジナルの手ぬぐいを 沢山大人買いした!

                     

                     

                     

                    徳沢のピッケル柄の 復刻版の手ぬぐいも ゲット

                     

                     

                    明神の渋い山人のシルエットの手ぬぐいも ゲット

                     

                     

                    奥穂と涸沢ヒュッテの手ぬぐいにバンダナ、

                     

                     

                    北穂の手ぬぐいも 記念に買ってきてくれてもらった

                     

                     

                    山小屋オリジナルなので 上高地のお土産やさんには もちろんない

                     

                     

                    登った人し買えない わたしには 特別な小さな勲章

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    涸沢に行けて 改めて 山の魅力を再確認できた

                     

                     

                    わたしは やま が すきだ

                     

                     

                    わたしは 自然の中にいると 生きた心地が する

                     

                     

                    穂高の山の神様 ありがとうございました

                     

                     

                    この旅を いつ わたしは 油絵にしようと思う

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    category: | by:中村 あめか | - | -

                    尾瀬

                    2018.07.08 Sunday 19:07
                    0

                       

                       

                      尾瀬に2年ぶりに 行った

                       

                       

                      今回は 尾瀬沼ヒュッテにテント泊して 燧ケ岳に登った

                       

                       

                      暑い日だっので 山頂も涼しくなくて 太陽が 強かった

                       

                       

                      7時間前後で 下りてこれただろうか

                       

                       

                      登りのナデックボは整備されていない道で 虫や倒木で荒れていて

                       

                       

                      大きな石をよじ登るキツイ登り

                       

                       

                      山頂はコブが2つあるから 往復して 疲れたが

                       

                       

                      私の足で掴んだ 山頂からの景色は 忘れられない宝もの

                       

                       

                      わたしの勲章

                       

                       

                       

                       

                       

                      長蔵小屋の可愛い売店で ビールとアイスと お土産を買った

                       

                       

                      湿原の 夕暮れと 早朝の 白い霧は しっとりと 幻想的

                       

                       

                       

                      霧が 移動している中 露で足を濡らしながら 湿原の木道を

                       

                       

                      夢心地で歩く

                       

                       

                       

                       相方は 一人山旅を延長して 更に至仏山まで 大縦走して 目標を達成し

                       

                       

                      私たちは 別々に帰路につき 1日ずれて再会した

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      今日は 友人数人に 手紙を書いてる

                       

                       

                       

                      12月 また 展示

                       

                       

                      今度は 青山で グループ展

                       

                       

                      路は 細く長く・・・・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      この夏は 北アルプス 南アルプス 山旅

                       

                       

                      また しばらくして 絵を 描くのだろう・・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      日々は 泡のごとく消える

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      category: | by:中村 あめか | - | -