ボローニャ 国際絵本原画展 & 棟方志功展

2019.07.07 Sunday 18:33
0

    JUGEMテーマ:展覧会

     

     

    先日 イタリアボローニャ国際絵本原画展に行ってきました

     

     

     

    板橋美術館が リニューアルされて とても綺麗になっていましたが

     

     

    元の温かみのある素朴な空気がなくなってしまい 無機質に感じました

     

     

    全てを取り壊すと 失われてほしくなかったものまで あとかたもなくなくなってしまう

     

     

     

    ボローニャ展は ここ近年 毎年行っています

     

     

     

    様々なイラストレーターの 物語のある絵を観るのは たのしいです

     

     

     

    時代の傾向や 選考委員の好みに反映された選ばれた作品で

     

     

     

    いつも いいなと思う好きな作品とも出会えますが 好みでない作品もあって

     

     

     

    今の時代に反映された手法で 制作された作品も多く目立ちます

     

     

     

    私は 油彩を描いているので パソコンでデジタル処理された作品は

     

     

     

    作家の手が生み出したものとは ちょっと違う気がしています

     

     

     

    筆跡や呼吸やリズムは やはり肉筆のオリジナル作品にしか存在しない絵の源、命ではないでしょうか・・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先月は 母を誘って 棟方志功展も行ってきました

     

     

     

    人物の版画に裏から彩色した作品が有名ですが

     

     

     

    八甲田山をみた感動をインスピレーションにした数メートルの大作で 

     

     

    海山の柵と題した版画があり

     

     

     

    黒と白だけの濃淡で 深みのある奥行きが表現されていて

     

     

     

    ダイナミックで自由で素晴らしかったです

     

     

     

    まるで 抽象画のようでもあって 自分にはない白黒のしかも版画でこの規模の作品を創った彼に

     

     

     

    アーチストとして とても刺激をもらえました

     

     

     

    この夏は 他にも観たい展覧会がいくつもあり楽しみです

     

     

     

     

     

     

    category:- | by:中村 あめか | - | -

    スポンサーサイト

    2019.12.08 Sunday 18:33
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -

      PR
      Calender
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM