フリーソロ 

2019.10.26 Saturday 23:18
0

    JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

     

     

     

    10年程前から ミニシアターで 主にドキュメント映画を観るのが好き

     

     

     

    たまに ドキュメント以外も 変わってる映画でピンときたものがあるとみてます

     

     

     

    最近では 火口の二人(世界が終るとしたら 何して生きる?俺なら愛欲に生きるって話) と 

     

     

     

    命短し恋せよ乙女(亡くなった人の幻が絡む現実と幻想が織りなす異色作 きききりん脇役出演)を みた

     

     

     

     

     

     

     

    さて本日は クライマーのドキュメントを フリーソロ を観た

     

     

     

    手に汗握る (本当に汗で手が濡れた!!)ハラハラ ドキドキの映画

     

     

     

    フリーのクライマー、アレックスが ヨセミテの巨岩エルキャピタンに

     

     

     

     

    ロープなしで挑むまでの 葛藤、アプローチ、練習の様子、生活、恋愛、思想などを

     

     

     

    ヨセミテの大自然と共に追っている作品

     

     

     

     

    クライミングをしないけど のめりこんで観れた

     

     

     

     

    ロープがないまま挑むなんて信じられない高さと 恐怖で観ている方も息をのむ

     

     

     

    これは ドキュメント、現実に巨岩に挑んでいる挑戦者を追っている

     

     

     

    CGでも作りものではない、彼の現実の本当の日常なのだ

     

     

     

     

     

    キャンピングカーで クライミングに挑戦しながらの旅のような暮らしぶりをしながらも

     

     

     

    チャーミングな恋人ができて はじめて安定できる家を買ったり

     

     

     

     

    恋愛と挑戦との両立の葛藤もあった

     

     

     

     

     アレックスの澄んだキュートな瞳が素敵で綺麗

     

     

     

     

    クライミングで世界を旅していると まだ電気の供給のない国も多いのを知り

     

     

     

    収入の3分の1を そのような国に寄付しているとのこと

     

     

     

     

     

     

     

     

    ところで 山をやる私は 山グッズ、アウトドアの店に行くと

     

     

     

    有名ブランドの綺麗なカタログを作品の参考に貰っている

     

     

     

    特にパタゴニアは一番好き

     

     

     

    カタログをみても パタゴニアはプラスチックのゴミ削減を謳って 

     

     

     

    リサイクル、リユースで服を作っていて 環境保護に力を入れながらも

     

     

     

    クオリティも高いしハイセンスで 先進的だな と思う

     

     

     

    山の絵を描くインスピレーションをもらうヒントとして

     

     

     

     

    パタゴニアやノースフェイス、コロンビアのカタログは 風景の写真も綺麗

     

     

     

    外国の山や ロングトレイルの様子や クライマーなどの写真が出ていて 面白いし

     

     

     

    アウトドアの素晴らしさや、冒険に出たい気持ちを擽る

     

     

     

    ちょっとした本みたいな作りで クオリティ高し!!

     

     

     

     

    岸壁にロープをつるしてテントを張ってるクライミングしてる写真や

     

     

     

     

    バケツの水でシャンプーしてる人の写真も 出てて

     

     

     

     

    とても新鮮で 憧れます

     

     

     

    ヨセミテには行ってみたいです

     

     

     

     

     

     

     

     

    最近は映画のあと ラーメン屋に入っている(偶然)

     

     

     

     

    今まで敷居の高かった?ラーメンも いい!!です

     

     

     

    今回はハモニカの 昔ながらの醤油ラーメン 餃子を食べた

     

     

     

    餃子はぷっくりと太っていて 皮がもっちり 焼きの油ぎっしゅな感じは弱め

     

     

     

    中の具は野菜の歯ごたえが残っていて美味

     

     

     

    ラーメンは 濃い色の醤油

     

     

     

    ちぢれ麺 メンマ 焼き豚 メンマののったシンプルなもの

     

     

     

     創業は長いらしい

     

     

     

    夕飯は フランスパンを買って帰り とクラムチャウダー、バジルのオイルをデイップした

     

     

     

    美味しかった

     

     

     

    チーズ、松の実、オリーブオイルのバジルペーストはフランスパンに合う

     

     

     

    山にもフランスパンを一本持っていき 南アルプの山旅では 朝や昼にかじりました

     

     

     

    菓子パンを何個も持っていくより フランスパンとチーズのが経済的だし旨いです

     

     

     

    固い皮が日持ちにも良さそうだし 具材もない分 痛みにくい

     

     

     

     

     

     

     

     

    次回は グランブルーという大好きな映画の 主人公のモデルとなった幻の素潜りダイバー、

     

     

     

    イルカと友達になった男 ジャックマイヨールの ドキュメントを観ます

     

     

     

     

    彼のファンなので これはもう絶対観ます

     

     

     

    彼の本も 昔買って もっているのですが 

     

     

     

    東洋の思想やヨガを素潜りの際の精神統一に取り入れたりしています

     

     

     

    きっとまた映画を観たら 新しい感動があることでしょう

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今日 花やで ワイルドフラワー プロテアを見かけました

     

     

     

    ワイルドフラワーは 大好きなので もっと 日本の花やさんも

     

     

     

    ブーケなどに取り入れてほしい

     

     

     

    日本ではあまり見かけない作りの野性味のある花です

     

     

     

     

    バラやガーベラなど どこにでもある花ではなくて

     

     

     

    綺麗で可愛いだけじゃない

     

     

     

    乾いた美しさと 強さのある造形美のある花

     

     

     

     

    絵描きのジョージア・オキーフに 似合いそうな花です

     

     

     

     

     

    山で見る高山植物は また違った魅力がある

     

     

     

     

     もっと小さくて一つの存在感は 可憐で 儚さがあり 

     

     

     

     

    凛として厳しい自然に芽吹く花は やはり花屋に並ぶ花とは

     

     

     

    全く別の次元の美しさがあります

     

     

     

    ちなみに 尾瀬の代名詞 ミズバショウは 

     

     

     

    「大きくて お化けみたいで怖い!」と言う相方ですが

     

     

     

     確かに でかくて 葉も大きくしなって存在感があり

     

     

     

    小さい儚い花というより 長い冬から目覚めて 「ニョッキリ顔出す命」って感じです

     

     

     

    どの花もそれぞれの美しさや 特徴があります

     

     

     

    自分が どの花のようでありたいか 

     

     

     

    自分の理想像や 憧れを 好きな花に例えてみることはよくあります

     

     

     

     

    わたしが今惹かれる花は プロテアでしょうか

     

     

     

    今日は 黄色に白い斑の入ったウィンターコスモスも見かけました

     

     

     

     

    この花は はじめて見ました  素敵でした

     

     

     

    花は やっぱり好きです

     

     

     

    自分を象徴する花は 紫陽花だと思っています

     

     

     

    色が変わっていくのは 自分の心や感情が動いたり 変わっていく様のようです

     

     

     

    アンティーク調のくすんだ水色やグリーン、紫に

     

     

     

    薄紅色が水彩絵の具のようにホンノリ混ざった色は  本当に美しい

     

     

     

     

     

     

     

    映画と 花 の 日

     

     

     

    舞いmyライフ フリーソロで行こう

     

     

     

     

    いつもこれで旅してます

    旅に出る僕たちのザック 60L&40L

     

     

     

     

     

     

     

    category:映画 | by:中村 あめか | - | - | -

    スポンサーサイト

    2019.11.12 Tuesday 23:18
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

      PR
      Calender
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM