ジンジャーエール

2020.07.29 Wednesday 21:27
0

     

    最近は 切干大根の煮物、 自家製ジンジャーエール、

     

     

    玉ねぎの酢漬けを 作っています

     

     

    ジンジャーエールは もう2回ほど作っていて

     

     

     

    たっぷり200グラム以上生姜を煮出して 余ったものは

     

     

     

    料理に活用にしている

     

     

    ジンジャーは 本当に大好き

     

     

    レモンもたっぷり絞って 無糖の炭酸水で割って 酒がなくても

     

     

     

    自家製ジンジャーエールさえ あれば 生きていけそうな旨さMAX!!!

     

     

     

    3度目は 更に砂糖を 減らして 唐辛子を増やして作ろう

     

     

     

     

     

     

     

    赤毛のアンの3巻目を読んでいる

     

     

    アンにはまっている

     

     

     

    全巻読む予定

     

     

     

     

     

     

     

    来週は また山旅

     

     

     

    北アルプス 槍に行きます

     

     

     

    秋は涸沢と北穂高の紅葉へ

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして 個展 絵も たまってきた

     

     

     

    20枚位ね

     

     

     

    数年前には 考えられなかった動物の絵も 描くようになった

     

     

     

    山やキャンプ、焚火、鳥、鳥の巣、動物を 描いていてる

     

     

     

    鳥の巣や、鳥、卵、羽、古代・・・・

     

     

     

    そそられるテーマは鳥、古代の夢、山の神、植物の力、太陽、月

     

     

    色を沢山重ねた 色紡ぎの油彩

     

     

     

    完全抽象に ずっとこだわっていたけど それを脱皮したら

     

     

    気が楽になったようだ

     

     

     

    肩の荷がおりたようだ 

     

     

     

    こだわりを脱ぎ捨てて 描きたい好きな世界 理想とする画面を構築する

     

     

     

    写真や実物はみながら 描いてないので

     

     

     

     

    完全なるイメージと 体感した山旅の残像や、創造、空想の世界

     

     

     

    そう、アンのようにわたしも 空想が大好きなんだ

     

     

     

    空想や創造で 創造することが好きでないと 絵は描けない

     

     

     

    わたしは 見えないものを絵にしている

     

     

     

    現実の世界をそのまま映しとるスケッチやデッサンが昔から 大嫌いだった

     

     

     

    今も全く 興味はない 色も使えないし 

     

     

     

    デッサンとかって絵を描く行為という気があまりしないので

     

     

     

    テンションすら上がらず わくわくしない

     

     

     

    わたしは わくわくする画材と技法で 絵を描く

     

     

     

    それが 油彩  色を操る、色の魔法を生涯をかけて追う

     

     

     

    色の謎、どうしたらその色が映えるのか

     

     

     

    対比だ

     

     

     

    今は昔なら使わなかった金や黒も使っている

     

     

     

    重ねて映える色、合わせて映える色

     

     

     

    色の相性や波長、ハーモニーを 研究して実践して

     

     

    色に迫る私がいる

     

     

    ひとたび 油彩で色と格闘すると 一気に世界はバラ色に輝き始める

     

     

     

    そう アンンの世界みたいに・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

    あと 少しで個展がはじまります

     

     

     

    自分はいつまでも 若く ずっと生きていられる・・・

     

     

     

    というような若い頃の漠然とした幻想は もうもてない歳になり

     

     

     

    つまりは 折り返し地点に近づいてきたのです

     

     

     

     

    ですから いつ なにがあっても おかしくない

     

     

     

     

    それを前提に 人と付き合い 絵を描いていこうと思っています

     

     

     

    人間関係も 水やりを怠ると 涸れてしまう

     

     

     

    って みんな 知ってるよね・・・・・

     

     

     

    愛や 友情だって 花と同じなんだ

     

     

     

    水やりを怠ると 枯れて消えるんだ

     

     

     

    だから わたしは 手紙を書いているんだ 

     


     

     

     

     

     

     

    ミナペルホネンのコートが欲しい

     

     

     

    1万円の服を10回買うより

     

     

     

    10万の服を 10年以上着ることに価値を置いて

     

     

     

    10万を使う勇気が 

     

     

     

    まだ足りないけど 

     

     

     

    欲しいミナの服

     

     

     

     

    愛も 人生も  ジンジャーエール

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:日々の泡 | by:中村 あめか | - | - | -

    スポンサーサイト

    2020.08.02 Sunday 21:27
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -